放送されるたびに賛否両論が飛び交う?『スペース☆ダンディ』の気になる中身

おたぽる / 2014年2月24日 23時0分

写真

――毎日、何本ものアニメが目まぐるしく放送されている現代日本。これだけ放送本数が多いと、見るのだって一苦労......。そんな悩める現代オタクのため、「おたぽる」がオリジナル作品を中心にテレビアニメ・レビュー! これさえ読めば、気になるあのアニメのあらすじから評判までがまるわかり!!※本文中には"ネタバレ"が含まれていますので、ご注意ください。

■『スペース☆ダンディ』
第8話 「一人ぼっちのワンコ星じゃんよ」

【今週の極私的見どころ!】
 今回、キャラの絵柄が微妙に違っている感じ。視聴者からは「『ルパン』っぽい」という声が上がっていました。今回の作画監督はアニメーターの清水洋さん。『スペース☆ダンディ』の公式ツイッターによれば、マッドハウスやスタジオジブリ作品を手がけてきて、理想のアニメは『ど根性ガエル』だそうです。そのほか、『ミチコとハッチン』のキャラクターデザインや、『LUPIN the Third -峰不二子という女-』で何回か作画監督を担当したお方。

 筆者個人としては、絵柄のブレはアニメーターさんの個性が出るので、大歓迎です! 最近ではそれを「作画崩壊」と呼ぶ風潮もありますが、特に『スペース☆ダンディ』のような1話完結ものだと違和感も少ないので、こうゆう作品が増えてほしいものです。

【今週のオススメ度】
★★★☆☆

 アンドロメダっぽい銀河で、ダンディを捜索するゲル博士(CV:石塚運昇)。助手のビー(CV:畠山航輔)が発明したという、おもいっきりDJのターンテーブルのようなダンディ追跡装置をイジると、全砲門開け! ミサイル発射!! という事態に。結果、ペリー(CV:銀河万丈)からモーレツに怒られるという寸劇が繰り広げられます。ペリーに「クビ!」と言われてしまうゲル博士。でも、多分次週ではクビになってないと思います。だって、『スペース☆ダンディ』だから。ともあれ、ダンディを追うためにゲル博士はワープ!

 かたや、今日も今日とて未登録宇宙人を探すダンディは、機械でできた"キカイ惑星"に到着。スクラップ畑でテンションの上がるQT(CV:佐武宇綺[9nine])や、『カウボーイビバップ』11話「闇夜のヘヴィ・ロック」で捨てられた冷蔵庫らしきものを漁るミャウ(CV:吉野裕行)など、各々惑星を探索(?)します。そんな中、ダンディは一匹のライカ犬を発見。人なつっこい彼女(犬)は、ダンディにすぐに懐きます。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング