【劇場アニメレビュー】気合の入った描写は一見の価値ありも、“意あまって力及ばず”、周辺の設定も残念だった『ガラスの花と壊す世界』

おたぽる / 2016年1月13日 14時0分

写真

 アニメーション化するための原作(マンガ、ノベル、プロット、イラスト、音楽など、あらゆる表現方法でOK。応募資格は無制限。ジャンルも不問)を募集し、優秀作はポニーキャニオンがアニメ化するという2013年「アニメ化大賞powerd by ポニーキャニオン」にて、多くの応募作の中から見事に大賞を受賞した創作ユニット“Physics Point”のシナリオ&イラスト『D.Backup』を原案に、TVアニメ『AIR』『CLANNAD』(ともに作:Key)の志茂文彦が脚本を、ライトノベル『変態王子と笑わない猫』(メディアファクトリー)のカントクがキャラクター原案を、そしてTVアニメ『新世界より』(作:貴志祐介/講談社)の石浜真史が監督を務めたオリジナル・アニメーション映画『ガラスの花と壊す世界』。

 昨年度の東京国際映画祭でも上映された意欲作がようやく劇場公開された。

 地球上のあらゆる時代の歴史やさまざまな場所などが記録(バックアップ)された無重力空間「知識の箱」の中で、世界を侵食する存在=ウィルスに汚されたデータを消去する使命を帯びて戦い続けるふたりの少女デュアルとドロシー。そんなある日、ふたりはウィルスに襲われている少女リモを救うが、彼女は記憶を失っており……というストーリー展開。

 劇中「マザー」だの「ViOS」だの専門用語めいた言葉も出てきたりして、当然ながらいろいろと細かい世界観の設定も施されているようだが、いちいち真に受けながら鑑賞していると訳がわからなくなってくる。

 つまりは性格が正反対のデュアルとドロシーの働きによって平和が保たれていた「知識の箱」に突如、第3のプログラムたるリモが入り込んできたことで、彼女の正体や、その謎が明らかになることによって生じるクライマックスなどがお楽しみといった構成なわけで、要はコンピュータの中のアンチ・ウィルス・プログラムを擬人化したお話と思えばわかりやすい。
 
「知識の箱」内の青や紫を基調としたきらびやかな美しい世界と、それをおびやかすウィルスのグロテスクな造形の妙、それらに立ち向かう少女たちの勇姿もさながら、ときにウィルスに圧倒され、侵食されかかるときの負のエロティシズムとでもいったさりげなくもおぞましく凌辱的にも映える描出は、少女たちのロリータ的個性とも相まって、無重力空間の不安定さとドラマそのものの隠された闇とがシンクロしていく効果をもたらしているようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング