『キック・アス』『アベンジャーズ』のブームも冷めず...2014年はアメコミ元年!? 今からでも遅くないアメコミ入門

おたぽる / 2014年3月2日 21時0分

写真

 空を見ろ! 鳥だ! 飛行機だ! いや、スーパーマンだ!! バットマンだ!!! スパイダーマンだ!!!! アイアンマンだ!!!!! X-MENだ!!!!!! ヤツラは、そう......アメコミだ!!!!!!! コミックはもちろん、映画やテレビドラマ、ゲームなどあらゆるメディアを席巻し、世界のエンターテインメント界の中心に位置するアメコミ宇宙(ユニバース)。そして、その波は確実に日本にも押し寄せている。

 近年、アメコミ映画が矢継ぎ早に公開される中、「ダークナイト」シリーズはトップクリエイターからの絶大な賞賛を受け、『アベンジャーズ』や『アメイジング・スパイダーマン』は公開年の興行収入のベスト10に入るほどの大ヒット。今春には日本制作によるマーベル初の男児向けテレビアニメ『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』の放送が開始されるほどだ。もはやエンターテインメントを語る上で、不可欠の存在となったアメコミ文化。本コーナーでは、そんなアメコミ作品の魅力や基礎知識、映画・ゲームなどの関連情報を紹介していこう。

 いつアメコミ始めるの? いまでしょ!

 ......すいません、図に乗りすぎました、【アメコミ道場】道場主の雑賀です。ちなみに道場主といっても、白帯です。というか、この世界、マジで『ファンタスティック・フォー』のギャラクタスみたいな化物(NOT 映画版)......いえ、偉大な先達が多いので、通信教育の空手道場か、e-Bayで買ったスウェットでヒーローになりきったつもりの初期のキック・アスくらいの生暖かい目で見守ってくれれば、これ幸い。

 でも、そんな私でも断言できることがあります。それは......今年2014年は、アメコミデビューを果たすのにもってこいの年! ということです。

 では、なぜ今年が最適なのか? その理由を大雑把に説明しましょう。

 アメコミ......とは言うまでもなく、アメリカン・コミック。つまりアメリカ産のマンガのことです。そして日本で見聞きするアメコミ、特にヒーローものの多くは「スーパーマン」シリーズや「バットマン」シリーズを有する"DCコミック"と、「スパイダーマン」シリーズや「アベンジャーズ」シリーズを有する"マーベルコミックス"という、アメリカの二つの大手出版社から出版されています。

 この二大出版社が近年、それぞれ新規読者を獲得するために、大掛かりなプロジェクトを進めているのです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング