サッカーマンガは「ジャンプ」で生き残れるか!? 新連載が出揃い、打ち切りレースは先読み不可能!

おたぽる / 2014年3月3日 13時0分

 今週の掲載順位では、先週に引き続き『アイアンナイト』が最後尾。新連載開始後なので、即打ち切りの可能性は低いが、黄信号が灯っているといえるだろう。また、『トリコ』が上位陣から一気に中盤まで急降下。新章が始まって間もないが、テレビアニメも今月30日に終了となるなど、不安要素も。アニメについては、原作に追いついたことも要因のひとつとして考えられるが、ここからの巻き返しができるかにも注目だ。そのほか、先週、作者のインフルエンザにより休載となった『ワールドトリガー』が中盤上位に浮上。来週は連載一周年記念で表紙&巻頭カラーを飾ることとなっている。特別企画の開催決定も予告されており、更なる人気拡大が期待されている。

 ついに新連載4本が出揃ったが、『i・ショウジョ』では、新連載3回目にして早くも企画がスタート。劇中に登場する「魔法のアプリ」アイディア募集と、「公式(?)Twitter」の開設を告知されている。(@iBIS_ishojo)早々に企画が開始されたことからも、同作への「ジャンプ」編集部の力の入れ方が伺える。短期打ち切りの可能性は低いか? 今回の新連載は、アニメ化経験もある椎橋寛による『ILLEGAL RARE』、アプリ「ジャンプLIVE」とも連動する『i・ショウジョ』、人気ライトノベル作家原作の『ステルス交境曲』、そして注目タッグの『TOKYO WONDER BOYS』など、いずれも特色のある顔ぶれ。今後、「ジャンプ」の勢力図がどう変わっていくのか? 先読みの出来ない戦いとなるだろう。
(雑誌やマンガ作品に関して、言及のない限り、版元は集英社。文中、敬称略)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング