アジア進出が決定! ライブアイドル界きってのビジュアル集団「夢みるアドレセンス」熱狂のライブレポ

おたぽる / 2014年3月4日 0時0分

写真

「アイドルの中で、今最もビジュアルがイケてるグループは?」と聞かれたならば、筆者は自信を持って「夢みるアドレセンス」と答える。同グループには、JCに絶大な人気を誇るファッション誌「ピチレモン」(学研パブリッシング)をはじめ、モデルとしても活動し、写真集『青春〜第二章〜』(ワニブックス)が先月発売されたばかりの荻野可鈴、同じく「ピチレモン」の専属モデルを務める小林玲、元専属モデルの山田朱莉、『仮面ライダー鎧武』のヒロイン役としても活躍中の志田友美、ミスiD 2014のファイナリスト・京佳の5人が所属し、その圧倒的な可愛さで注目を集めているのだ。

 そして、そんな「夢みるアドレセンス」の定期公演が3月2日、渋谷マウントレーニアホールにて開催された。

 この日は1カ月以上ぶりの公演だったこともあり、1曲目の『15:30のアニメ』から会場のボルテージはマックスに。「今日は(久々のライブだから)会場をぶち壊す勢いで!」という京佳の言葉通り、メンバーの気合も十分。『ひまわりハート』『キャンディちゃん』など、アップテンポのナンバーで一気に盛り上がりを見せた。また、この春で高校卒業を迎える荻野可鈴が「これから自己紹介で高校生って言えなくなっちゃうから寂しい」と漏らすと、会場からは「卒業おめでとう!」という声が飛び交っていた。
 
 また、2月11日に17歳の誕生日を迎えた志田友美を、メンバーがサプライズで祝福。ファンが用意した誕生日ケーキに感涙しながら、「(2月は定期公演が無かったので)もう祝われないのかと思ってた」と笑いながら語る志田は、突然のプレゼントに喜びを隠し切れない様子だった。

 さらに、この日は特別ゲストとして、彼女たちの楽曲のほとんどの振り付けを担当する竹中夏海先生が登場。「今日はぶっちゃけトークをします」と言う竹中先生に会場は大盛り上がり。メンバーの小林玲を「本当に本当に、本当に良い子」とべた褒めする一方で、京佳は「グループ内で末っ子キャラなんですけど、普段から末っ子。甘ったれです」とバッサリ。志田友美に至っては「スケールのでかいバカなんですよ」と"愛ある言葉"に会場からは爆笑が巻き起こった。

 イベント終盤。4月22日に発売される新曲『マワルセカイ』が初披露され、これまでのガーリーな衣装とはうってかわり、新衣装である制服に身を包んだ彼女たちに、筆者含め会場は卒倒寸前。カップリング曲である『JUMP』ではタオルを振り回してのパフォーマンスもあり、一体感に包まれたままライブは終了した。

 なお、この日は「GirlsAward2014」への出演、タイで開催されるジャパンコンテンツフェスティバル「Comic-con」出演によるアジア進出などが発表。次回から定期公演のタイトルを「夢みるコレクション」に改め、5月6日に新宿BLAZEで行われることも合わせてアナウンスされた。「アドレセンス」(成長期)を標榜する彼女たちだが、その勢いはますます加速している。彼女たちの著しい「成長」から、まだまだ目が離せませんよ!

(文・写真/竹下ジャパン[甘噛みマガジン])

おたぽる

トピックスRSS

ランキング