Negicco、ベルハー、ゆるめるモ! ミスiD2014・寺嶋由芙CDリリースイベントに人気ライブアイドルが勢揃い

おたぽる / 2014年3月11日 12時0分

写真

 ミスiD2014に選出、ゆるキャラとのコラボなど、マルチな才能を発揮するアイドル、"ゆっふぃー"こと寺嶋由芙がソロ・デビューシングル『#ゆーふらいと』をリリース。それを記念したライブイベント「まじめなアイドル達の春うらら」が3月8日に開催、発売を祝して多くのアイドルが駆けつけ、華を添えた。今回は、昼・夜の2部おこなわれたライブの、昼公演の模様をレポートする!

 会場である渋谷TSUTAYA O-NESTは開演前から大入り満員、期待の高さを伺わせた。「恥じらいレスキュー」によるオープニングアクトのあと、トップバッターとしてまず登場したのは新潟発のアイドル「Negicco」。「髪をバッサリ切って男の子になっちゃいました」とMeguがニューヘアを披露するなど、ユルいMCで会場をほのぼのさせ、ネギ型の白と緑でカラーリングされたサイリウムがフロアを照らした。

 2番目の登場は、この日の出演者のなかで唯一のバンド「ふぇのたす」。ナンバタタン(南波志帆×タルトタタン)などのアーティストに楽曲を提供しているギターのヤマモトシュウは、寺嶋由芙の楽曲にも多く参加。この日は寺嶋の曲である『ぜんぜん』をふぇのたすバージョンで演奏。この曲を聴き慣れているファンにとっても、新鮮なアレンジに大きな声援が起こった。

 続いての登場は「ゆるめるモ!」。この日は『ゆるめるもん』、『逃げろ!!』など、アップテンポナンバー中心の選曲。彼女たちの衣装同様、カラフルなツナギを着用したヲタによるケチャが会場をかき回した。また、MCでは「ゆっふぃーさんからCDをいただいて、サインをもらうためにメンバーで並びました」とほのぼのするエピソードを披露し、シューゲイザー・ロックの名曲『さよならばかちゃん』でしめた。紫色担当・けちょんの、ノイジーかつ愛くるしいボーカルが魅力的だった。

「BELLRING少女ハート」は頭にネクタイを巻いて登場。MCでは唐突に「就職活動の交通費問題」を語りだすなど、"ベルハー節"で会場からは笑いが漏れる。

 そしてそして、トリはもちろんこの日の主役、寺嶋由芙。アイドルらしいブルーの衣装に身を包んだ彼女は、会場からの「ゆっふぃー」コールに満を持して登場。「すっごい緊張してます」とハニカミながら、新曲『80デニールの恋』(シンガーソングライター、ゆり花のカバー)を初披露。これまでの楽曲とは一味違う大人っぽいミディアムナンバーにファンの評価も上々。アンコールではモーニング娘。『ここにいるぜぇ!』のカバーを歌い、大盛り上がりのままイベントは幕を閉じた。

 2月26日のシングル発売からこれまで、日本全国をリリースイベントで走り抜けた彼女。そのクライマックスである主催イベントでは、目一杯の笑顔を見せてくれた。グループアイドル全盛の時代にソロアイドルとしてまばゆい輝きをみせるゆっふぃー。『#ゆーふらいと』もオリコン初登場35位と上々の滑り出しを見せ、彼女からますます目が離せない。
(文・写真/竹下ジャパン(甘噛みマガジン))

おたぽる

トピックスRSS

ランキング