ディズニーキャラになった「アベンジャーズ」の新フィギュアセットが登場

おたぽる / 2016年3月16日 16時0分

写真

 ディズニーキャラのフィギュアとビデオゲームが一体となった新感覚のビデオゲームシリーズ『ディズニーインフィニティ』の最新フィギュアがリリースされた。


■「アベンジャーズ」新キャラのフィギュアが登場

 シリーズ最新作の『ディズニーインフィニティ3.0』用に新たにラインナップに加わったのは、ハルクバスターやウルトロン、ヴィジョンといった『アベンジャーズ』に登場するキャラクターたち。悪役版のスパイダーマンであるブラックスーツ・スパイダーマンも加わっているのが意外な感じだが、実は4月29日に日本公開のアベンジャーズ最新作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に、ついにスパイダーマンが参戦しそうであることが、先ごろ公開された最新トレーラーで示唆されている。これまでキャラクターの権利関係の問題でアベンジャーズに加わっていなかったスパイダーマンだが、何らかの交渉が成立したのだろう。これまでとは一味違ったスパイダーマンの活躍が見られそうだ。

 この最新トレーラーでは本作のストーリーのかなりの部分がわかるようになっていて、公開前の充実した“予習”ができる。今回はアベンジャーズのヒーローたちが、内輪もめの末に2つの勢力に分裂してしまうのだが、動画をよく見るとキャプテン・アメリカの陣営はファルコン、ホークアイ、アントマン、スカーレット・ウィッチ、ウィンター・ソルジャーで構成されていて、一方のアイアンマン側のメンバーは、ブラック・ウィドウ、ウォーマシン、ヴィジョン、そして新キャラクターのブラック・パンサーであることがわかる。一時はパートナーを組んでいたも同然だった、ブラック・ウィドウとホークアイが別のチームにわかれているのも意外だ。

 そしてトレーラー動画では、この2チームがガチンコで対峙したまさにその時、なんとスパイダーマンが例の“クモの糸”でキャプテン・アメリカの盾を奪うという余興とともに登場してくるのだ。スパイダーマンがいったいどんな役割を果たすのか本編が楽しみだ。そしてソーとハルクがいないのは、前作『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』にその理由らしきものが暗示されてはいのだが、今後もずっと姿を消したままなのかという点も気になる。ともあれ、ファンにはG.W.が待ち遠しくなるばかりだろう。


■“女性スーパーヒーロー”はフィギュア化が難しい!? 

 話は『ディズニーインフィニティ』のフィギュアに戻るが、新作のマーベルキャラクターのフィギュアを含め、これまでのラインナップを見て何か“欠けている”ものに気づくとしたら、かなりのマーベルファンであり、「アベンジャーズ」ファンだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング