マイクロソフトやGMOなど、大手IT企業はなぜコミケに参加するのか!? C85出展企業が語るその理由

おたぽる / 2014年3月18日 9時0分

写真

 今、大手一般企業がこぞって自社オリジナルの"萌え"キャラクターを世に送り出し、その運用を試みている。当媒体でも度々取り上げている日本マイクロソフトをはじめ、お堅いイメージのある大企業が、サブカル層へ歩み寄る動きを活発化させているのだ。

 サブカル層にアプローチし、萌えキャラを運用していく過程において、やはり無視できないのは年2回開催される日本最大のオタクの祭典・コミックマーケット(通称:コミケ)だろう。これまでコミケの企業ブースに出展するのは多くがアニメ関連企業だった。しかし近年は前述の日本マイクロソフトなど業界外の企業の出展が相次いでいる。前回のコミックマーケット85(C85)では日本マイクロソフト、GMOインターネットなどIT企業4社が連携し、アピールを行ったことも記憶に新しい。

 彼らはいったいどんな狙いからサブカル層へのアプローチを行い、コミケという特殊なイベントへの出展を決めたのか──その疑問に1つの答えをくれたのが、C85後に行われた「第7回NED」だ。

■サブカルプランナーが仕掛ける「NED」とは

 「NED」はサブカルプランナーの武者慶佑氏(株式会社シェアコト)が仕掛けるオタク・サブカルチャーを体系的に語るセミナーで、「二次元エンタテインメントデザイン」の略称。武者氏曰く、著名な世界的講演会「TED(Technical Entertainment Design)」をパクった(二次創作した)ものだという。「日本のサブカルコンテンツは企業課題を解決するソリューションである」と語る武者は、これまで開催した「NED」において、ニコニコ動画の企業プロモーションや腐女子マーケティングについてなどのセミナーを行ってきたが、第7回目となる今回のテーマは「ソリューションとしてのコミケ~IT企業のコミケ出展レポートと今後の展望~」だ。

 セミナーにはC85の企業ブースに出展し連携アピールも行った日本マイクロソフト株式会社、GMOインターネット株式会社、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社、株式会社ディー・エヌ・エーの担当者を講演者として招き、パネルディスカッションが行われた。

■IT4社が語る、コミケ出展に期待する効果

 C85においては3回目となる企業ブース出展となった日本マイクロソフトは、この日ディスカッションを行った4社の中でも特にコミケ慣れした存在。登壇したテクニカルエバンジェリストの戸倉彩さんは、クラウディアさんのコスプレをしながらWindows Azureを啓蒙している。日本マイクロソフトはコミケのWebカタログやコスプレコミュニティの開発に関わるなど、コミケとは切っても切れない関係。しかし一般の私達から見れば、大手IT企業とコミケという組み合わせはまだまだ奇妙に思える。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング