“描けるマンガ喫茶“に、プロアマ問わず漫画家が結集! 名古屋発『漫画空間』の魅力を直撃!

おたぽる / 2014年3月18日 12時0分

写真

「おひとりさまですか?」「禁煙ですか? 喫煙ですか?」ならいざ知らず、最初に店員から「ペンですか? デジタルですか?」と尋ねられる漫画喫茶が高円寺に登場。ここは、漫画が読めて、描ける『漫画空間』(本店・愛知県名古屋市中区大須)の東京1号店だ。

 同店で店長を務めるのは『スパイシー・カフェガール』(宙出版)などの著作がある漫画家の深谷陽さん。店長席で自身の漫画を描きつつ、コーヒーを運んだり、レジを打ったりと接客もこなす。店内はネームや原稿が描けるペン席15席、漫画制作ソフト「コミックスタジオ4EX」と「Clip Studio」、ペンタブレット、フォトショップが使えるデジタル席4席からなる。複合機を使ってのスキャンもし放題、パソコンとタブレットの持ち込みも可能だ。

「手ブラで来ても原稿が描ける画材一式も無料で貸し出しています。液晶タブレットの導入は様子見ですね。ハード面に関しては、すでに環境が整っている方向けというより、自分の仕事場が持てない学生さんや新人漫画家さん向けと考えていただければ」(深谷さん)

 何といってもこちらの特色は、現役の漫画家が店長を務めているという点。原稿が生み出される過程をライブで楽しめるほか、絵やネームに関するちょっとした疑問や質問に、迅速かつ丁寧に答えてもらえるのも嬉しい。取材にお伺いした際は、店長自ら「お気に入りの人形の絵が描きたい」という女性に静物の描き方と着色法をアドバイスしていた。フルアナログで原稿を制作している深谷さんに代わり、たまたま遊びに来ていた漫画家が別の客にコミスタの使い方を指導する場面も......。作業スペースを設けた同人誌専門の漫画喫茶などもあるが、1時間600円(デジタル席は1時間700円)でプロのアドバイスが受けられるのは、東京ではここだけだろう。

 このユニークな空間が高円寺に生まれた経緯について、まずは名古屋本店のオーナー・内藤泰弘さんに話を聞いてみた。(『トライガン』の作者・内藤泰弘さんと同姓同名!)

「子どもの頃から漫画が好きで、学生時代は漫画研究会に所属していました。その後、普通に就職したのですが、50歳を前に何か自分で事業を立ち上げたい、どうせなら漫画に関わる仕事がしたいという思いが募ってきたんです。と同時に、漫画が読めて、描けて、漫画好きが集まって交流できる場があったら面白いのではと考えつきまして。脱サラして退職金をつぎ込み、『漫画空間』を始めたのが2010年の5月。もちろん悩みましたが、やらなかったら死ぬ時、絶対後悔するだろうなと思ったんです。1年目はお客様が入らない日が続き、正直どうなることかと思いましたが、『ここがなくなったら困る』『漫空のおかげで賞が取れました』と言ってくださるお客さまの声を励みに続けることができました。おかげさまで徐々に常連さんも増え、20代から30代を中心に、小学生から60代まで幅広いお客様に利用していただいています。サラリーマン時代に比べて収入的には厳しいですが、好きなことができて精神的に充実しています」

おたぽる

トピックスRSS

ランキング