【トラウマ注意】「ちょ...マジやめれって...」恐怖のどん底に叩き落とされた俺的トラウマ漫画3選

おたぽる / 2014年3月22日 23時0分

写真

 人によって苦手なものは様々だ。ゴキブリやミミズが苦手というのはある意味、人類共通なので置いておくが、一般的に意外なものを完全に受け付けない、という人は多い。例えば、多くの人がかわいいかわいいとモフる対象の猫や犬が苦手だという人は確かにいるし、泳いでいる魚が嫌いだとか言う人もいる。そう言う人に理由を訊いてみると、子供の頃に犬に噛まれた、猫にひっかかれた、海で溺れた...などの各々の理由があったりする。めちゃくちゃがたいが良くて、プロレスラーみたいな強面男性が犬にビビりまくったりすると、ギャップ萌えが発生したりもするが、当の本人はそれどころじゃない。

 あるものに対して人が生涯苦手になってしまう瞬間、つまりはトラウマになってしまう瞬間は何もリアルな体験だけではない。映画、漫画、小説などの描写による間接的ともいえる体験でトラウマになってしまう人もいる。特に子供の頃だったらなおさらだ。

 そこでどんな漫画がトラウマを植えつけてきたか? トラウマは人それぞれがだが、俺的という観点で3つほどピックアップしてみよう。ひょっとしたら同じような思いをした人がたくさんいるかもしれない。そんなトラウマ話を共有するのは案外楽しいものなのだ。

●メルヘン系カニバリズム!ギャップ萌えならぬギャップグロ!『にんじん大好き!』

 この作品は1993年代に発売された『なかよし』の別冊付録に収録された松本洋子氏の作品だ。松本洋子氏は『なかよし』をメインに漫画家として活動していたが、そもそもミステリーやホラー、オカルトが作品の中心だった。その代表作である『闇は集う』は、オムニバス形式のホラー漫画として評価が高い。

 ホラー漫画というと、絵柄もグロテスクなものを想像するかもしれない。実際、楳図かずお氏や伊藤潤二氏、御茶漬海苔氏の絵柄は見るだけで恐怖を感じさせるものだ。少女漫画系のホラー作家といえば犬木加奈子氏の絵柄は丸みのあるかわいらしさがあると言えばあるが、目の描き方などは異形の何かを感じさせる。

 しかし、松本洋子氏の絵柄はどうかというとごく一般的な少女漫画だ。"THE・80~90年代の少女漫画の絵柄"と言ってもいいだろう。そんなかわいらしい絵柄で描かれた『にんじん大好き!』は短編ながらも、ラストの1コマで全てをひっくり返す衝撃すぎるラストとそのギャップで、読んだ者を片っぱしからトラウマの淵に叩き落していった。あらすじはこうだ。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング