最終回を前にシリアス・ラブコメ展開に発展!? 『サムライフラメンコ』

おたぽる / 2014年3月21日 22時0分

写真

――毎日、何本ものアニメが目まぐるしく放送されている現代日本。これだけ放送本数が多いと、見るのだって一苦労......。そんな悩める現代オタクのため、「おたぽる」がオリジナル作品を中心にテレビアニメ・レビュー! これさえ読めば、気になるあのアニメのあらすじから評判までがまるわかり!!※本文中には"ネタバレ"が含まれていますので、ご注意ください。

■『サムライフラメンコ』
第21話「愛をおしえて」

【今週の極私的見どころ!】
 何を言いたいのかイマイチ掴めない、要丈治(CV:小杉十郎太)のセリフ。「深イイ話」をさせたいのか「笑いどころを狙っている」のかわからず、失笑しかでません。ストーリーのテンポをことごとく分断するセリフにイラっとしつつも、それが面白い――気がしてしまうのは、筆者ももはや『サムライフラメンコ』中毒なのでしょう(笑)

【今週のおすすめ度】
★★★☆☆

 羽佐間正義(CV:増田俊樹)が澤田灰司(CV:鈴木晴久)の次なる攻撃に注意するよう電話をかけたのは、ミネラル☆ミラクル☆ミューズの真野まり(CV:戸松遥)でした。コンサート直前で待機していたまりは、生返事で了承したものの、例によってかなり楽観的。しかしコンサートが始まって3人がステージに上がった直後、三澤瑞希(CV:M・A・O)と森田萌(CV:山崎エリイ)は泡を吹いて昏倒します! すぐに病院に運ばれ検査をすると、まりが羽佐間と電話している間、2人が飲んでいたコーヒーに毒物が混入されていたことがわかりました。

 ネットでは、スタッフに扮して画面の端々に登場していた灰司に対し、「ホラーかww」「ミネ☆ミラ、後ろから狙われているぞ!!」と妙にハイテンション! また、昏倒時のみずきと萌の顔が「アイドルなのにリアルすぎる」「顔がヤバイwwwww」とアイドル失格宣言が飛び交いました。

 そんな折、羽佐間は要が昏睡状態から目覚めたと連絡を受けます。まず2人きりで話がしたいという要の要望で、病室に足を踏み入れた羽佐間はまず要に謝罪。そして、一連の騒動が灰司による攻撃だったことを説明します。要はあっさりとその事実を受け止め、「『サムライフラメンコさんによろしく』という彼の声を聞き、彼の姿を見た」と言うのです。

羽佐間「教えてください、師匠。ヒーローがピンチに陥った時、誰に助けを求めればいいんですか?」

要「ヒーローは誰にも助けてもらえない。だが、だからこそ我々には絶対無敵の切り札がある」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング