まさに「終わりよければ全てよし」!『Wake Up, Girls!』はアイドルアニメの新たな可能性となったか?

おたぽる / 2014年3月29日 19時0分

写真

――毎日、何本ものアニメが目まぐるしく放送されている現代日本。これだけ放送本数が多いと、見るのだって一苦労......。そんな悩める現代オタクのため、「おたぽる」がオリジナル作品を中心にテレビアニメ・レビュー! これさえ読めば、気になるあのアニメのあらすじから評判までがまるわかり!!※本文中には"ネタバレ"が含まれていますので、ご注意ください。

■『Wake Up, Girls!』
第12話「この一瞬に悔いなし」

【今週の極私的見どころ!】
「真夢、飛ぶ」

 決勝ステージでのサビ直前、七瀬佳乃(CV:青山吉能)の決意の一言。そして高く高くジャンプした佳乃......。涙腺崩壊でした。

【今週のおすすめ度】
★★★☆☆

「どうしよう、どうしよう......こんな時になんで......こんな時に限って」

 怪我で真っ赤に腫れた自らの足を見て、絶望を隠せない七瀬佳乃(CV:青山吉能)。それでも「Wake Up, Girls!」(通称:WUG!/ワグ)メンバーには怪我のことを隠し、痛みをこらえてステージでの音合わせに臨みます。

 しかし明らかに不自然な佳乃の様子を見て、島田真夢(CV:吉岡茉祐)たち6人も異変を察知。楽屋に戻ったメンバーたちは、佳乃の腫れた足を見て愕然とします。「平気です、問題ありません」と強がる佳乃に、マネージャー・松田(CV:浅沼晋太郎)は思わず「無理だろ」とつぶやきました。

「でも、嫌です! 絶対に嫌!!! だったら私抜きで出てください! お願いします......」

 必死でそう訴える佳乃。しかし真夢は佳乃の肩にそっと手を置き、「棄権しよう」と言ったのでした。

「無理すれば、よっぴーなしでもなんとかなるかもしれない。でも、よっぴーがいないステージはだめなの。だって、私が納得できないもの」

 そんな真夢の言葉にメンバー全員が納得。ステージを棄権する流れになっていたとき、突然そこに「I-1クラブ」センターの岩崎志保(CV:大坪由佳)が現れます。志保はWUGメンバーたちの会話を部屋の外で聞いていたのです。

 ステージを棄権すると言いかけた真夢に、志保は「やめさせないわよ」と一言。彼女の後ろには医療班の姿が......! 志保っち、ナイスです!

 佳乃は医療班にテーピングを施され、今日のステージを持ちこたえられる状態に。万全を期して振付のフォーメーションも変更することになりました。18時からの本番に間に合わせるため、7人は必死で新しいフォーメーションを頭に叩き込みます。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング