生々しい戸松遥と井口裕香の息づかいがたまらない!女の子のキスと繊細な心理描写を楽しむ『桜Trick』の魅力

おたぽる / 2014年4月3日 21時0分

写真

――この連載は、30代後半から萌えアニメにはまったアラフォー(44)ライターが、萌えアニメについて気持ち悪く語り倒す誰得コンテンツです。分析・評論的なことは一切書きません!

 昭和44年生まれの僕はガンプラ世代ど真ん中。中学時代は「アニメージュ」「アニメック」「ファンロード」「アウト」を購読する結構なアニオタ(当時はそんな言葉ありませんでしたが)でした。特に『イデオン』『ザブングル』『ダンバイン』『Zガンダム』と続く富野作品と、『うる星やつら』にはかなりのエネルギーを捧げていました。

 しかし、高校2年の時に「オタクは女にモテない」というシンプルな理由から一切足を洗い、購読誌を「宝島」と「シティーロード」に変え、サブカルにジョブチェンジします(今で言う「サブカル」はアニメ趣味なども含まれますが、当時のサブカルはその対極にありました。このへんはめんどくさいのでまたいずれ)。

 それ以来ほぼ20年間、『エヴァンゲリオン』以外のアニメを一切見てなかったのですが、2003年に友だちから薦められたノベルゲーム『ひぐらしのなく頃に』、ラノベ『涼宮ハルヒの憂鬱』あたりでオタ的コンテンツに再び触れるようになり、アニメ『らき☆すた(2007)』で完全に萌えアニメに目覚め、以後は毎クール平均20本のアニメを試聴するアニオタ(萌え豚)にカムバックしたのです。

 と、うっとおしい自分語りはこれくらいにしましょう(もうやりません)。

 さて、今回取り上げる萌えアニメは先週最終回をむかえた『桜Trick』です。

 主人公の高山春香(CV:戸松遥)は、おさななじみの園田優(CV:井口裕香)ちゃんが大好き。その大好きっぷりは度を超しており、優ちゃんが他の子とおしゃべりするだけで不機嫌になり優ちゃんにSBJK(嫉妬深い女子高生)と言われちゃうレベル

 そこで春香は優ちゃんに提案します。

「普通の友達とはしない特別なことしよ?」

 特別なこと? なんでしょうか。プレゼントとか? いえいえ違います。

 それは、「キス」なのです。

 ということで、1話Aパートから、ヒロイン同士のキスシーンがおっぱじまります。それもほっぺに「チュ!」的な軽いものではありません。ガチなディープキスです。

 このキスシーンこそ、このアニメの一番の売り。1話だけではなく毎話必ずキスシーンが入ります。キスするのは、基本的にはメインカップルである春香と優ちゃんなのですが、サブヒロイン・野田コトネ(CV:相坂優歌)と南しずく(CV:五十嵐裕美)のカップルも、かなり頻繁にキスします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング