今期の隠れエロ作品!?『マンガ家さんとアシスタントさんと』 深夜アニメ第1話全レビュー!!【7日(月)編】

おたぽる / 2014年4月14日 22時30分

写真

 4月より放映開始された深夜アニメの第一話をレビューして、オススメ作品をコンセルジュする連載「深夜アニメ 闇夜の千本ノック」! ※放送日などは全国ネット及びTOKYO MXに準拠します。

■『マンガ家さんとアシスタントさんと』
第1話「おっぱいを究めろ!/夢見みる仕事/パンツウォーズ/音砂みはりの休日」

 スクウェア・エニックス刊「ヤングガンガン」刊行のヒロユキの原作マンガを、古田丈司監督とZEXCS制作によってアニメ化。

 愛徒勇気は愛と勇気と情熱を持って日々作品を描き続けるマンガ家だが、同じぐらいの熱意をエロの追求に注ぎ込む男。アシスタントの足須沙穂都、担当編集者の音砂みはり、超絶テクを持つアシスタントの黒井せな達といった周囲の女性を巻き込んで、今日もより良きマンガを描くために、おっぱいとパンツを極めるべく邁進するのだ。

 ショートアニメ枠なので見逃しがちですが、今期の隠れエロ作品の一本。とはいってもギャグ成分のほうが強めなので、女性ファンが見てもいやらしくないレベル。エロというよりは下ネタ連発ギャグアニメといったほうが正しい感じです。

 古田丈司監督はロボット物からギャグ、萌え系まで幅広くこなす実力派演出家で、最近では『ラブライブ!』第1期や『聖闘士星矢Ω 新生聖衣編』『蒼き鋼のアルペジオ』『ノブナガン』などに参加していますが、シリーズディレクターとしては本作が初めてになるようです。

 直接女性キャラの裸が出てくるわけではないのですが、しかしながらおっぱいを揉んだ時の質感、リアルなディティールの描き込みが成されたブラジャーやパンツの描写などなど、なかなかのエロ表現が飛び出します。愛徒先生同様に、手加減をせず表現を追求するスタッフのサービス精神には頭が下がります。「ちなみに僕は圧倒的にパンモロ派」「しかしパンチラ派はわずかに見えるほうが夢、清純さ、美しさがあると言ったんだ!」というやりとりは視聴者間でも紛争が起きそうだなあと感じました。10分強の時間枠で4本立ての構成なので、たくさん見た感じがしてオトク感があるところもいいですね。

 現在「ヤングガンガン」誌上にて続編『マンガ家さんとアシスタントさんと2』が連載中の本作。第1話のエンドカードは、ヒロユキ先生の実の姉で『BLOODY MONDAY』(講談社)などの作者・恵広史先生が担当。今後もマンガ家さんの登場に期待できそうですね。

【こんな作品のファンにもオススメ】
『生徒会役員共*』『まんがーる!』『ドージンワーク』

(文/出口ナオト)

おたぽる

トピックスRSS

ランキング