『艦これ』&『コナン』人気で6時間待ち!? 横須賀が“カレー“と“艦隊“を求める亡者の街と化した!

おたぽる / 2014年4月22日 12時0分

写真

 筆者は大ブームの『艦隊これくしょん~艦これ~』(以下、『艦これ』)をプレイしている提督の一人である。始めた当時は大人気というわけでもなく、今の様に登録制限などもなくのんびりしたものだった。所属は初期サーバーである横須賀鎮守府なのが、ちょっと自慢。そんなわけで、元横須賀鎮守府(通称:横鎮)である海上自衛隊横須賀地方総監部で4月19日に開催された「護衛艦カレーナンバー1グランプリ in よこすか」に一提督として行ってきたのだ。

 このイベントは、海上自衛隊の護衛艦や潜水艦で日頃食べられているカレーを一般に提供し、その投票で1位を決めようというイベントである。また前日からツイッターのTLに流れていた画像から、先日追加で2隻の建造が決まったものの、まだ国内に6隻しかないイージス艦が5隻も横須賀に集まっており、これに乗じてアレがナニするような事態になるのでは? という心配する声も上がっていた。が、提督的には、金剛四姉妹の「こんごう」「きりしま」が揃っているほうがポイント高い(笑)。当然参加である。開場は朝9時から。まぁ混んだとしても会場直後に並べば大丈夫だろう......という甘い予想の下、現地到着を9時として向かったのであるが......。

 現地に到着して驚いた。まだ開場前だというのに行列は基地ゲート入り口からヴェルニー公園を過ぎ、ショッピングセンターの歩道橋を越えて続いていたのである(その距離、1kmを越える?)。100~200人の列ではない、まるでコミケである。並んでいる列とは対称的に、逆方法へ黙々と歩く人の列。この行列の最後尾を目指しているのであろう。人の流れに乗って歩き続けること15分ほど、ようやく列の最後尾に到着。すでに米軍基地ゲートも過ぎて、三笠公園のほうが近い位置である。角を曲がって、まばらに開き始めた商店街を10メートルも行ったあたりだろうか。心配になって情報を得ようとツイッターのTLを見ると主催者側が「6000食用意したが、2000食追加した」という心強い情報が。しかし、そんなに大量の人が基地内に入れるのかとも思う。コミケじゃあるまいし。

 午前10時。列は少しずつ動いているものの、会場までの道のりは遠い。11時前には同じくカレーイベントが開催されているヴェルニー公園を越え、会場となる横須賀地方総監部のゲート近くまでやってきた。ゲート近くには原子力規制委員会の「横須賀原子力艦モニタリングセンター」なる建物があって、アメリカの原子力空母などの放射能をモニタしているようである。今まで何度か総監部は来ていたが、気づかなかった。駐車場の車の屋根に何やらセンサーが付いているのを見ると、小さいながらもここは「原子炉のある街」なのだというリアルがじんわりと。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング