「キャラの台詞が下品」とブーイングも!? 独特の“鬱感“に視聴者も様子見の『M3~ソノ黒キ鋼~』

おたぽる / 2014年4月23日 17時0分

写真

――毎日、何本ものアニメが目まぐるしく放送されている現代日本。これだけ放送本数が多いと、見るのだって一苦労......。そんな悩める現代オタクのため、「おたぽる」がオリジナル作品を中心にテレビアニメ・レビュー! これさえ読めば、気になるあのアニメのあらすじから評判までがまるわかり!!※本文中には"ネタバレ"が含まれていますので、ご注意ください。

■『M3~ソノ黒キ鋼~』
第1話「降星ノ夜」

 4月21日、ようやく2014年春のアニメが出そろいました!

 今期、数少ないオリジナルアニメとなる『M3~ソノ黒キ鋼~』(以下、『M3』)。制作は『マクロス』シリーズでお馴染みのサテライト、監督は『美少女戦士セーラームーン』『おジャ魔女どれみ』などで知られるアニメ界の大御所・佐藤順一氏が担当します。少女向けアニメの印象が強い佐藤監督ですが、甚目喜一名義で『機動戦士Zガンダム』や『新世紀エヴァンゲリオン』などの絵コンテを切ったりと、ロボットアニメへの造詣はかなり深いはずです。

 シリーズ構成は、良くも悪くも心情表現に定評がある岡田麿里氏。過去には『黒執事』『GOSICK -ゴシック-』『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』など話題作を手がけ、今期もオリジナルアニメ『selector infected WIXOSS』と平行してシリーズ構成を担当しています。筆者は岡田氏独特の"鬱感"のようなものが結構好きなんですが、2クール放送ともなると視聴が苦しくなるかもしれませんね(笑)。

【今週のおすすめ度】
★★★☆☆

 混沌に支配された「無明領域(むみょうりょういき)」で人間は生きられず、避難生活を余儀なくされていました。しかし無明領域で生まれた異形の者「イマシメ」は、たびたび避難地区に現れては人々の生活を脅かしていたのです。

 復興支援企業体Ix(イクス)のあるカワダハラ市。イクスの運営する施設で成り立つこの町で、ククノチ学園に通う鷺沼アカシ(さぎぬまあかし/CV:松岡禎丞)もまたこの地で生活を送っていました。イマシメの活動が活発になる夜間は、出歩く人もほとんどいません。そんな夜に出歩いていたアカシの目の前に現れたのは、巨大なイマシメでした。

 追うように現れた対イマシメ用戦闘機・ヴェスによって狙撃されるも、イマシメはそのまま逃走。アカシはヴェスの搭乗員・霞ライカ(かすみらいか/CV:矢作紗友里)に「学生は帰宅しているはずだろう!」と怒られます。この時、ライカが赤黒いイマシメの様相を指して「赤ウンコ」と連呼しますが、ネットでは「第一話は『赤ウンコ』にすべて持っていかれた」「下品」と視聴者憮然。先行きが不安になるほど不評の嵐でした。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング