マイクロソフトが「Xbox」部門を分社化か? と騒がれるも...【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2014年5月6日 23時50分

写真

――毎日発表されたゲーム関連情報の中から、注目のネタをまとめてピックアップ。ざっくりわかる本日のゲームニュース!

 本日5月6日のゲーム関連情報で注目を集めたのが、ソニーとマイクロソフトに関するニュース。まず、ソニー・コンピュータ・エンタテインメント・アメリカ(SCEA)が新作と思われる「Guns Up!」の商標を米国特許商標庁に出願したというニュースから。この「Guns Up!」は4月29日(米国)に出願されたもので、"ワイヤレス・デバイスとネットを介してダウンロードできるコンピューターゲームソフトウェア"とされている。これを受けてネット上では「ガンシューティングになるのでは?」との見方も浮上。約1カ月後に迫った6月の「E3」でなんらかの発表も期待されるので、引き続き動向を見守りたい。

 そして、マイクロソフト関連では、同社の創業者であるビル・ゲイツが、アメリカのケーブルニュースチャンネル「フォックス・ビジネス」のインタビューの中で「新CEOのサトヤ・ナデラがXbox部門のスピンオフ(分社化)を提案するなら、それを支持するだろう」と語ったことについて、ゲームファンが騒然となった。しかし、この発言は同インタビュー内での「Xboxは単体でも強力なビジネスのように思えるのだが、何故分社化しないのか?」という質問を受けての発言であることや、その後、同社社員が「マイクロソフトは世界中の何百万人のXboxファンとXboxに注力し続けている」と、自身のツイッターでつぶやくなどしているため、どうやら杞憂に終わりそうだ。

 また、以前から伝えられていたコンパイルハートの「ガラパゴスRPG第二弾」の告知ムービーの最新バージョンが本日公開された。先日公式サイトで公開されたムービーでは、進化したガラパゴスイグアナッピが指を三本立てて「PI~!!!ESU!!!(ピーエス)」と連呼していたが、本日公開されたムービーでは、さらに進化したガラパゴスイグアナッピの立てている指が4本に。最後には画面に大きく「4」と表示され、5月8日発売の「週刊ファミ通」で重大発表があることも発表。おそらくPlayStation4での発売となると思われているが、果たして?

 そのほか、2006年にPC版のオリジナル版が登場し、2011年にはWiiウェア版としてリリースされた遺跡探検考古学アクション『LA-MULANA』が、12月にPS Vita用ソフトとしてリリースされるとの発表も。本作は1980年代の2Dアクションの要素を取り込んだアクションアドベンチャーで、日本はもとより世界中のユーザーからもその完成度やプレイ感が評価されている作品。タイトルはまだ仮のものだが、PS Vitaでのリリースとなることで、新要素の追加も期待できる。今後も12月の発売に向けて、続報を待とう。

■今回紹介した各ゲームの公式サイトは以下より。
・「Xbox」
http://www.xbox.com/ja-jp/
・「ガラパゴスRPG第二弾」
http://www.compileheart.com/galapagos_rpg/
・『LA-MULANA』
http://la-mulana.com/

おたぽる

トピックスRSS

ランキング