DMMを食えるか!? Amazonがオンラインゲーム・プラットフォームをオープン!【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2014年5月13日 23時50分

写真

 今日の一本目のゲーム関連情報は、アマゾンジャパン株式会社(以下、アマゾンジャパン)が運営しているECサイト「Amazon.co.jp」(以下、Amazon)にて『Amazonフリーオンラインゲームストア』が本日オープンしたというニュースだ!

 同ストアではダウンロード型オンラインゲームやブラウザゲームが取り揃えられており、ユーザーは自身のAmazonアカウントでのログイン、Amazonの決済機能でゲーム内の有料コンテンツの購入などができる。現時点では、株式会社カプコン(以下、カプコン)から『鬼武者Soul』、『百年戦記 ユーロ・ヒストリア』が、株式会社マーベラスAQLから『ブラウザプロ野球NEXT』と『剣と魔法のログレス』といったタイトルを含む、10作品が対応している。カプコンの『鬼武者Soul』と『百年戦記 ユーロ・ヒストリア』に関しては、Amazonアカウントでシームレスにゲームにログインできる「Amazonログイン」のサポートをしており、アマゾンジャパンは、同機能に対応するタイトルを今後さらに増やしていく予定だ。

 こうしたオンラインゲームのプラットフォームとしては、『艦隊これくしょん~艦これ~』が爆発的なヒットとなった「DMMオンラインゲーム」などが知られている。ゲームのプラットフォームをめぐる競争が激化する中で、Amazonが参戦したことは勢力図にどのような影響を与えるのか? 今後の趨勢に注目したい。

 次に、5月1日に株式会社SNKプレイモア(以下、SNKプレイモア)からiOS/Android向けに配信開始した、ゲームアプリ『メタルスラッグ ディフェンス』が5月11日の時点で200万ダウンロード突破したことが、本日公式サイトで発表された。本作は、SNKプレイモアの看板アクションゲーム『メタルスラッグ』シリーズの世界観をモチーフとした、タワーディフェンス系アクションゲーム。基本無料のアイテム課金制で、App StoreとGoogle Playにて配信されている。

 使用可能なユニットとして、マルコやターマなどのシリーズお馴染みの主人公勢や、シリーズの顔ともいえる特殊戦車「メタルスラッグ」はもちろんのこと、少々マニアックな動物型スラッグ達(重火器で武装された動物で、シリーズ本編ではこれらに乗って戦うことができた)も使用可能。さらに仲間の一般兵士達と共に戦うことも可能というからたまらない! かつてのシリーズでは、元正規軍のモーデン軍や潜入工作員と一緒に戦ったことは何度かあるが、正規兵との共闘は初めてということで、シリーズを追いかけてきたファンならば感動必至である。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング