北九州がアニメで一層盛り上がる!! 福岡・あるあるCityに「マチ★アソビカフェ」が堂々オープン!

おたぽる / 2014年5月22日 16時0分

写真

 5月17日、福岡県北九州市の「あるあるCity」にマチ★アソビカフェがオープンした。16時30分からの通常営業開始を前に、11時からと13時からの2回、オープンゲストとして招かれたKalafinaの来店イベントも実施された。事前申し込みで当選したファンが開店を前に列をなしていた。

「マチ★アソビ」は、アニメ制作スタジオ・ufotableが徳島で2009年より開催しているイベントである。春と秋にアニメ・マンガ・ゲームに関わる企業が集い、文字通り「街で遊ぶ」を体験できるイベントとして定着してきた。春はゴールデンウィーク中に開催しており、このほど終了した前回12回目は7万人の来客を記録した。期間中、徳島の宿泊予約は前年度比で都道府県別1位と急伸し、阿波踊りの時期以外では異例と騒がれており、徳島の活性化にマチ★アソビが多大に貢献していることも見えてくる。

 そんなマチ★アソビを開催しているufotable代表の近藤光さんは徳島出身でもあり、東京にある本社のほか、徳島でもアニメスタジオ・カフェ・映画館を運営している。今回のマチ★アソビカフェのオープンに際して近藤さんは「参加して頂いた企業とやってきた結果が現れている」と挨拶した。もちろんあるあるCityもマチ★アソビに参加してきた仲である。このマチ★アソビカフェも、あるあるCityに唯一誘致していた『Fate/Zero』ショップを拡大したものともなっている。

 今回のオープンゲストであるKalafinaも、これまでマチ★アソビには3回参加している。メンバーのWakanaさんは「私は福岡で育ったので嬉しいです」と、とりわけカフェのオープンを喜んでいる様子だった。そして進行を務めるアニプレックス・高橋祐馬さんの音頭のもと、テープカットが行われ、その後はKalafinaが『劇場版 空の境界 未来福音』の主題歌「アレルヤ」を歌うなどで盛り上がった。

 店内では画展「空の境界」と「Fate/Zero~stay night」コラボカフェも同時にスタートしている。画展「空の境界」は『空の境界』や『Fate』のシリーズのイラスト担当・武内崇さん初の個展として東京・名古屋・徳島を巡回してきた。「Fate/Zero~stay night」コラボカフェは、今秋放送予定の『Fate/stay night』を記念して『Fate/Zero』とコラボレーションしたものとなっている。

 あるあるCityは2012年にオープン後、JR小倉駅側という絶好の立地であることも相まって、北九州市漫画ミュージアムや各種ショップで話題を集めてきた。今回誕生したマチ★アソビカフェでも、今後どのようなイベントが行われていくことになるのか楽しみだ。
(取材・文/真狩祐志)

■『マチ★アソビカフェ』
http://www.machiasobi.com/machiasobicafe/

おたぽる

トピックスRSS

ランキング