ミュージカル『忍者じゃじゃ丸くん』が帰ってきた! イケメン俳優陣が舞台で大活躍する再演初日レポート!!

おたぽる / 2014年5月23日 18時0分

写真

 昨年6月に上演され、話題を呼んだミュージカル『忍者じゃじゃ丸くん』が帰ってきた!

『忍者じゃじゃ丸くん』とは、1985年に株式会社ジャレコから発売されたファミコン用アクションゲーム。ゲーム初心者でも楽しめる適度な難易度。ドット絵ながら、個性豊かかつコミカルに描かれた敵妖怪。トロッコ、忍法ガマパックンなど、インパクト大なパワーアップアイテムの存在。耳に残る和テイストのBGMなど、多くの魅力を持つ本作は、当時のゲームキッズたちの心に残る名作である。

 そんな本作がミュージカルになったのは、昨年のこと。「あの『じゃじゃ丸くん』がミュージカルになるなんて!」と誰もが驚いたものだが、いざふたを開けてみればマニアは思わずニヤリとする小ネタを仕込んできたり、想像以上にシリアスな展開が待ち受けていたりと原作へのリスペクトと、舞台化する上でのオリジナリティが絶妙なバランスで共存するエキサイティングな作品に仕上がっていたことで、二度びっくり。初演は無事大盛況のうちに千秋楽を迎えた。

 今回の再演は、初演の好評の声を受けて企画されたもの。一部キャストが異なるワンコン、ツーコンの2チーム体制で上演される(このチーム名も、実に芸細!)そこで、今回は5月20日に行われたワンコンチームによる舞台初日に潜入。その模様をお届けしよう!

 今回の会場であるシアターグリーン「BIG TREE THEATER」は、池袋の一角にある演劇人の登竜門として知られる小劇場。初演時よりも一回り大きなステージということで、演出のパワーアップにも期待がかかる。さて、開演前のステージに目を向けると卒塔婆やボロボロの家屋など、いい感じにホラーに演出されており、ノリはまさに『忍者じゃじゃ丸くん』の「ステージ1」。時折流れてくる風の音が、いやが上にも雰囲気を盛り上げる。

 そんな中、ついに舞台は開幕。ゲームのメインBGMをかっこよくロックアレンジしたテーマ曲を、オールキャストで熱唱するところからミュージカルはスタートした! ワンコンチームで主人公・じゃじゃ丸くんを演じるのは風太。ツンツン頭がやんちゃな印象も与える若手俳優だ。彼を中心に、企画段階で存在したツーコンキャラ・かげ丸やゲームに登場した妖怪たちがステージ狭しと乱舞する様は圧巻。特にダイナミックなアクションや迫力の殺陣は、ぜひとも舞台の近くで見ていただきたい。「あのゲームを題材に、よくぞここまでドラマティックなアクション・ミュージカルを作り上げたもんだ」と誰もが感じるはずだ。何度もじゃじゃ丸くんを死なせてしまっていた幼き日の僕たちだが、その裏でこんなにシリアスなストーリーが展開していたとは......。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング