公開迫る『思い出のマーニー』 ジブリ作品の「空」のモデルは意外な場所だった!?

おたぽる / 2014年6月8日 18時0分

写真

 7月19日公開のスタジオジブリ映画『思い出のマーニー』。本作はイギリスの児童文学を原作にした作品で、監督は『借りぐらしのアリエッティ』の米林宏昌が務める。

 6月4日に日本テレビで放送された『1億人の大質問!?笑ってコラえて! 2時間スペシャル』では、番組内のシリーズ「ジブリ支局」から最新情報をリポート。

 今回は、2人のヒロイン、マーニーと杏奈の声優を務める有村架純と高月彩良に密着。アフレコも行っているというジブリの試写室から、高月彩良が登場し、VTRが披露された。

 VTRでは、アフレコに先駆けて高月と有村による台本の読み合わせと、その後に行われたスタジオジブリ見学の模様をリポート。空がよく見えるスタジオの外に案内された2人は、そこでジブリスタッフから「ジブリ作品は雲を描くことが多いので、ここへ来てイメージを持ったり。だからここの空が大体ジブリ作品の空なんです」と説明されて大感激。あの印象的な空のモデルは、スタジオジブリから見える空だった。見学の感想を聞かれると2人は口をそろえて「夢の世界です」といい、かなりご満悦な様子。

 VTRが終わり、試写室にいる高月にアフレコ初挑戦の感想を聞くと「自分の気持ちを声だけに乗せて表すというのはすごく難しいなと思ったんですけど、自分が演じるキャラクターがしゃべるとすごく嬉しくなるので、とてもやりがいのあるお仕事だなと思いました」と、16歳らしからぬ落ち着いた様子でコメント。アフレコも無事終了したようなので、完成された作品で高月らの演技や、空の描写に注目したいところだ。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング