【劇場アニメレビュー】新作『クレしん』はロードムービー!?  キャスト・スタッフの安定感がすごい『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』

おたぽる / 2017年4月15日 16時0分

写真

 今や『ドラえもん』『それいけ!アンパンマン』に続く国産長寿アニメーション映画シリーズ第3位の座について久しい『映画クレヨンしんちゃん』ではあるが(ちなみに第4位は『名探偵コナン』シリーズ)、そういった貫録も歴史の重みも何も感じさせない(!?)飄々としたところが(!?)、このシリーズの長所ともいえるだろう。

 興行収入も10億円台前半をキープし続けていたのが、第23作『オラの引越し物語 サボテン大襲撃』(15)と第24作『爆睡! ユメミーワールド』(16)ではシリーズ第1作『アクション仮面VSハイグレ魔王』(93)および第2作『ブリブリ王国の秘宝』(94)の頃の20億円台へと返り咲いているが、かつてのファンが戻ってきたのか、新たなファン層が増えているのか、いずれにしてもこのシリーズが安定した中にも好調の波に乗り始めていることのひとつの証左になっているように思えてならない。

 第25作目となる最新作『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』もそういった好調ぶりを反映させた快作たり得ている。ご存じ野原一家の、特にドタバタでけたたましい日常生活でのやりとりは、演じている声優陣はもはやアドリブに思えるほどの自然な息の合い方であり、その心地よいリズムとテンポはやはり長寿シリーズのレギュラーならではの強みでもあるだろう。昨年8月から藤原啓治に代わってヒロシ役を務めている森川智之は劇場版へは初登場となったが、、その事が全然気にならないほどに声優陣の息がぴったり合っている(藤原がいない分、みんな奮闘したのだろう)。

 監督は第21作『ばかうまっ!B級グルメサバイバル』(13)および『オラの引越し物語 サボテン大襲撃』の橋本昌和。これまでシリーズ最多登板した監督は原恵一の6本で、続いて本郷みつる(5本)、ムトウユージ(3本)。橋本監督は今回で同率3位ということになるが、本数を重ねるごとに演出のゆとりとともに面白みも増してきている。

 今回のストーリーは、ある日突然地球にやってきた宇宙人の子どもシリリとしんちゃんの友情を描いた、いわばしんちゃん版『E.T.』みたいなものだが、その実、シリリが恐怖におびえると放ってしまうビームを浴びたとーちゃん(ひろし)とかーちゃん(みさえ)が25歳も若返り(シリーズ25作目とひっかけているのか?)、要するに野原一家はみんな子どもと化してしまう。その姿を元に戻せるのはシリリの父親だけで、どうやら今は鹿児島県の南方諸島のほうにいるらしい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング