ロマのフ比嘉、CG作家活動20年を前に! 「自主制作で頑張ってもネコ動画に勝てない」時代をどう生き抜く?

おたぽる / 2014年7月1日 22時0分

写真

――3DCGアニメーション作家として、黎明期より活動を続けるロマのフ比嘉さん。その制作活動20年を前にする中で、CGアニメをめぐる状況は変化を続けてきた。個人制作のCGアニメの変遷と共に、ロマのフさんのこれまでを振り返ってもらった。


「もうそんなになりますかね」。そう振り返るロマのフ比嘉さんは、和歌山生まれ、沖縄・宮古島育ちのCG映像作家だ。

 高校進学で本土に渡り熊本、そして大学進学で上京したロマのフさんがCGによるアニメーション制作を始めたのは約19年前、1996年のことだった。「当時、飯野賢治さんのゲーム『Dの食卓』が流行っていたので、ああいうキャラでCGが動くのがすごいじゃないかと。それでX68000用のDoGA CGA SYSTEM【編注:CGアニメーションの制作ソフト】を使ってみました。ただGUIがほとんどないので、例えば車の曲がる時の車体の角度を求めるために微分で計算したりとか、数値でレイアウトからアニメーションまで設定してました」

 情報工学系の大学を卒業していたので、そのあたりは特に問題なかった。「そんな感じで(CGアニメーションは)数学だし、プログラミングだし、顔のモデルをモーフ変形させるプログラムを書いたりとか、座標を指定して1フレームごとのファイルを作ってレンダリングするとか......。業界的には95年にはWindows 95が出てCGソフトがWindowsに集まりはじめましたけど、それ以前はAMIGA【編注:85年に発売されたコモドール製のPC】にバンドルされてるLightWaveとか、Macintosh用ではStrata 3DやInfini-Dなどが使われていました。90年代後半は『超獣ロボ リューセイバー』の渡辺哲也さんとか『PROJECT-WIVERN』の青山敏之さんとかが話題でしたし、CGバブルで伊達杏子とかテライユキとかCG美少女ブームもありました」

 そのDoGA CGA SYSTEMを使用して自主制作した『ONE DAY, SOME GIRL』が、97年の第9回アマチュアCGAコンテスト(現:CGアニメコンテスト)でグランプリを受賞した。それを契機に「1年目は『TECH Win』誌での連載、2年目はオリジナル作品『Wired Bob』の制作でDoGAのパトロンプロジェクト的なのにお世話になってて、その後にナムコ(現:バンダイナムコゲームス)に入りました。プレイステーション2が発売される00年頃です」。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング