アニソンの祭典「ANIMAX MUSIX」が横浜・大阪2都市開催決定! 記者会見レポート

おたぽる / 2014年7月8日 2時0分

写真

 毎年1万人以上のファンを動員するアニメソングの祭典「ANIMAX MUSIX」の開催が今年も決定! 11月22日の横浜アリーナと、来年2月28日の大阪・オリックス劇場というスケジュールが発表され、記者会見が実施された。

 2009年の初開催以来、今回で10回目を迎える同イベント。第1回はキャパ1500人の品川ステラボールでの開催だったものの、現在では横浜アリーナで1万人以上を動員するイベントに成長。今回も、もはや常連となっているMay'nやKOTOKOから、オリコンランキング1位を獲得したfripSide、14歳にして「アニマックス第5回全日本アニソングランプリ」で優勝を飾った実力派の鈴木このみなどなど、バラエティに富んだアーティストたちが参戦し、今年もアニソンファンを狂喜乱舞させるだろう。

 そんな中、記者会見で初々しさを発揮したのが内田真礼。この春にテレビアニメ『悪魔のリドル』のオープニング・テーマソング「創傷イノセンス」で自身の名義としてのCDデビューを飾ったばかり。「横浜アリーナのような大きな会場でライブをするのは初めてです。緊張すると思いますが、たくさんのお客さんと素敵な時間を過ごせたらと思います」と初々しく挨拶をした。自らの名でのCDデビューこそ今年からだが、家にカラオケの設備を導入してしまうほど歌うことが大好きな内田。「最近は『アナと雪の女王』の主題歌『Let It Go~ありのままで~』を歌ったり、弟とデュエットをしたりしています」ということで、ANIMAX MUSIXに向けた準備はバッチリだ。

 また、当日の模様は、ANIMAXのネットワークによって、日本以外のアジア各国やヨーロッパなどでもライブの模様が放送される。現在ではアメリカ、ドイツ、フランス、中国、韓国などをめぐるワールドツアーを開催するほど、世界的な人気を誇るMay'nにとっても、海外というフィールドを初めて意識したのはANIMAX MUSIXがきっかけだった。「今ではいろんな国でライブをしていますが、ANIMAX MUSIXに出演するまでは海外を意識することもほとんどありませんでした。私が初めて出た時のタイトルは『ANIMAX MUSIX-LINK TO THE WORLD』。日本から、世界をひとつにできるイベントを発信していきたいですね」クールジャパンの代表として、彼女の視線は海を超えた国外のファンたちにも向けられているようだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング