『鉄拳』新シリーズの制作が発表 ついにあの因縁の対決に終止符が打たれる!?【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2014年7月14日 23時59分

写真

――毎日発表されたゲーム関連情報の中から、注目のネタをまとめてピックアップ。ざっくりわかるゲームニュース!

本日は、高い人気を誇る対戦格闘ゲームのニュースを2本お届けしよう!

 株式会社バンダイナムコゲームスの人気格闘ゲーム『鉄拳』シリーズの最新作『鉄拳7』の制作が本日、正式発表された。『鉄拳』シリーズのプロデューサーを務める原田勝弘氏は、7月11日よりアメリカ・ラスベガスにて開催されている世界最大の格闘ゲームイベント「EVO 2014 CHAMPIONSHIP SERIES」最終日である本日、同会場にて『鉄拳7』の制作を発表した。本作のトレーラームービーも、昨日より動画投稿サイトYouTubeで公開されている。ムービーは、『鉄拳』初代主人公・三島一八と母親・三島一美が登場する回想からスタート。火山の火口らしき場所で、一八が父親・平八に対し「貴様があの時、母を殺した!」と糾弾し、戦いを始めようとする場面が描かれている。また、タイトルロゴが表示される前に「最終決戦」と表示されていることもあり、シリーズ1作目から続く2人の因縁に、本作でついに決着がつけられるのではないか?と勘ぐってしまうファンも多いのではないだろうか。

 現時点では、アーケードの稼働開始時期やコンシューマ機への移植に関する情報は発表されていないが、ゲームエンジンに最新ゲームエンジン・Unreal Engine 4を採用していることが明らかになっている。原田氏のTwitter(@Harada_TEKKEN)によると今月25日、アメリカのサンディエゴで開催されるコミコン・インターナショナル(アメリカ版同人誌即売会)にて、さらなる新情報が発表される予定だ。そこでどんな情報が解禁されるのか、世界中の格闘ゲーマーが注目していることだろう。

 また、エンブレイスジャパン株式会社は、アークシステムワークス株式会社の格闘ゲーム『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』の主人公・ソル=バッドガイの1/8スケールフィギュアの予約を本日より開始した。『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』は、人気格闘ゲーム『GUILTY GEAR』シリーズの最新作で、今年2月よりアーケードで稼働している。

 本フィギュアの監修は『GUILTY GEAR』シリーズの生みの親・石渡太輔氏が務めており、作中でソルが行う挑発の仕草をしているなど、キャラクターのイメージがしっかりと再現されている。長年のファンも納得の完成度となっている本品は、11,880円(税込)と本格派フィギュアとしては、かなりお買い得な値段だ。

■今回紹介したゲーム情報関連の公式サイトは以下より
・『鉄拳』オフィシャルサイト
http://www.tekken-official.jp/
・アーケード『鉄拳7』トレイラー 日本版
https://www.youtube.com/watch?v=l8VbR8vkS0A
・『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』総合公式サイト
http://ggxrd.com/
・GUILTY GEAR Xrd -SIGN- ソル=バッドガイ
http://www.embracejapan.com/cn16/pg206.html

おたぽる

トピックスRSS

ランキング