『ジョバンニの島』はアカデミー賞入選候補? 本作と映画祭に重なってくる“ロシアとウクライナの関係“

おたぽる / 2014年7月18日 1時0分

写真

 7月19日に公開が迫るスタジオジブリのアニメ映画『思い出のマーニー』は、釧路や根室など、主に北海道の東部を舞台とした作品である。今年はさらにその東、北方四島を舞台としたアニメ映画の公開もあった。

 2月に公開されたそのアニメ映画の名は『ジョバンニの島』。日本音楽事業者協会50周年記念作品として制作された。制作スタジオはプロダクションI.G、監督は西久保瑞穂さんである(西久保監督というと、最近では2012年の東京ディズニーリゾートのアニメCM「夢がかなう場所」を思い出すのではないだろうか)。

 この『ジョバンニの島』は北方四島の1つ、色丹島を舞台としている。1945年、第二次世界大戦の終戦後、ソビエト社会主義共和国連邦(ソ連)が進駐してきた中での、少年・純平と寛太の物語だ。父親はシベリア、純平と寛太は樺太へといった別れから、ロシア人少女・ターニャとの出会いなどが描かれている。

 ちなみに『ジョバンニの島』のBlu-rayおよびDVDの発売日は、8月6日となっている。15日の終戦記念日ではないが、広島に原爆が投下された日ということで、どうしても作中で描かれる第二次世界大戦を意識せざるを得ない。

『ジョバンニの島』は、国外でも話題があった。6月にフランスのアヌシーで開催された第38回アヌシー国際アニメーションフェスティバル(以下、アヌシー)で、審査員特別賞を受賞した。受賞に関しては、数々の媒体でニュースとして取り上げられていたので覚えている人も多いだろう。

 この受賞から、タイミングとして政治的背景を想起する人もいるかもしれない。"ウクライナ情勢"、すなわち現在のロシアとウクライナの関係である。

 アヌシーは、1960年にカンヌ国際映画祭(以下、カンヌ)から独立している。その独立元のカンヌは、1939年に初開催される予定だったものの、戦局の悪化により、終戦後の1946年からに延期を余儀なくされたという経緯がある。戦争はともかく、「カンヌ映画祭は日本と関係ない」と言ってしまうのは簡単である。しかしカンヌの成り立ちは、イタリアのヴェネツィア国際映画祭への嫌気からというのもある。その後、1940年に日本とドイツとで三国同盟を締結したので、直接とは言えなくとも思うところはあるだろう。

 一方、今年は第一次世界大戦の勃発から100周年の年でもある。サラエボ事件の起きた6月28日には、ベルギーのイーペルにEU首脳が集まり記念式典が開催されたのだが、"戦勝国"日本での報道は淡々としていた。日本が戦地として被害を被らなかったから、関係ないのだろうか。クリミアの検事総長が美人な点に関心が集まったり目立ったりする国は、特殊である。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング