「家庭用ゲーム機では初の試み」 Wii Uで「Suica」が利用可能に!【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2014年7月18日 23時59分

写真

――毎日発表されたゲーム関連情報の中から、注目のネタをまとめてピックアップ。ざっくりわかるゲームニュース!

 本日、任天堂株式会社(以下、任天堂)と東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)は、Wii Uでコンテンツを購入する際、JR東日本が発行する電子マネー「Suica」で支払いが可能となるサービスを来週22日より開始することを発表した。

「Suica」は各交通系電子マネーと相互利用サービスを行っているので、ゲーム購入者はこのサービスを通じて「Suica」、「PASMO」、「Kitaca」、「TOICA」、「manaca(マナカ)」、「ICOCA」、「SUGOCA」、「nimoca」、「はやかけん」の9種類の電子マネーで支払いが可能となる。これにより、Wii Uは交通系電子マネーが使用できる初の家庭ゲーム機となる。

 また、Suicaポイントクラブに加入済みであれば、Wii Uの支払いで対象となる「Suica」を使用した際に200円で1ポイント貯めることが可能。自宅で利用する際は、Wii U GamePadの左側にあるNFCリーダー部分に「Suica」カードを近づけると支払いができる仕組みだ。Suica利用可能箇所の拡大とさらなる利用者の利便性向上を目的とした今回のサービスだが、毎回ニンテンドープリペイドカードを買いに行く必要があったユーザーにとっても、「Suica」で支払いを手軽に済ませられるようになるのは嬉しいことだろう。

 そして、任天堂は「Wii U ニンテンドーeショップ 夏休みバーチャルコンソールセール」を、来週22日午前10時より開始する。セールはバーチャルコンソール上で、22日の午前10時から31日の午後23時59分まで行われる予定だ。

 取扱いタイトルは、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』、『ファイアーエムブレム 紋章の謎』、『MOTHER2 ギーグの逆襲』の3タイトルが700円(税込)。『スーパーマリオワールド』、『スーパーマリオカート』、『スーパーメトロイド』、『F-ZERO』、『星のカービィ スーパーデラックス』の5タイトルは600円(税込)となっている。いずれもスーファミ世代がハマったタイトルばかり! 当時を思い出し、懐かしみながらプレイしてみてはいかがだろうか。

 そして、株式会社スパイク・チュンソフトは、スマートフォン向けのアドベンチャーアプリのセール「夏祭りだ! Summerワンコインセール!!」を本日より開催した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング