続々と登場するアニメCMが話題の中、新たに大学も参入 いわき明星、京都学園に次ぐ大学は現れるのか?

おたぽる / 2014年7月25日 3時0分

写真

 テレビでの放送を前提とした展開ではなくなっているものの、それでも毎年アニメCMは元気である。特に今年は増加傾向にあるように感じられ、すでにハローキティ40周年の『超合金ハローキティ』、Z会の『クロスロード』、マルコメの『料亭の味 たっぷりお徳』、東京駅開業100周年の『時季は巡る』などが公開された。

 その一方、去る6月にフランスで開催のアヌシー国際アニメーションフェスティバルにもノミネートされた「サントリー天然水」シリーズのような、どちらかというと日本の"Anime"ではなく海外の"Animation"に類するテイストのCMなども話題になっている。

 そして新たに、7月9日にいわき明星大学、7月19日に京都学園大学と、立て続けに大学のアニメCMが公開にされた。いわき明星大学は福島県、京都学園大学は京都府と、テレビ放送はその地域に準じているが、いずれもYouTubeでの配信で確認できる。

 いわき明星大学のアニメCMは、来年度(2015年度)に教養学部が開設されることに合わせたものだ。アニメCMは「きんいろのカタツムリ」と題して特設サイトで公開の小説に基づいて制作されており、将来への不安や悩みを抱く高校生・大学生にエールを送るとしている。キャラクターデザインはアニメーターの頂真司さん、アニメの制作はプロダクションI.Gである。

 また京都学園大学のアニメCMは、来年度に京都太秦キャンパスが開設されることに合わせたものになる。こちらはキャラクターデザインをイラストレーターの賀茂川さんが担当した。賀茂川さんがキャラデザを担当することになったのは、同大が京都市交通局と連携協定を締結したことと関係がある。そのため当アニメCMに登場する"太秦その"は、京都市営地下鉄の応援キャラクター・太秦萌の従姉妹という位置づけが見どころになる。

 なお、後者のアニメCMを制作したトランジスタ・スタジオは、主にテレビCMや番組の制作に携わっている映像制作会社である。アニメファンに馴染みがあるところでは、08年のカップヌードルのアニメCM『FREEDOM』への制作参加がある。監督の森江康太さんは、昨年は全編CGによるMV「Express」で注目されており、今回のアニメCMでも同じくHIDETAKE TAKAYAMAさんが楽曲を担当している。

 今年度から熊本の崇城大学芸術学部にマンガ表現コースが新設されるなど、美術大・芸術大および関連のある学部・学科にアニメ・マンガの教育カリキュラムが導入されるケースは珍しくなくなった。そして学校のアニメCMというと、今までは関係する専門学校の入学案内などが主だった(今年は大江戸温泉物語グループとなった代々木アニメーション学院が、同グループのアニメCMを制作するという例も出た)。今回のように直接つながりがあるように思われない大学の学部・学科新設のためにアニメCMが制作される例が増えるのかどうか見ていきたい。
(文/真狩祐志)

■いわき明星大学 教養学部スペシャルサイト
http://www.iwakimu.ac.jp/liberal_arts/special/
■京都学園大学 全編アニメーションのテレビCMを放送開始
http://new.kyotogakuen.ac.jp/newsrelease/sono.html

おたぽる

トピックスRSS

ランキング