ヒットメーカーに王道パターン...計算しつくされた布陣が光る『ハナヤマタ』【第一話レビュー】

おたぽる / 2014年7月31日 3時0分

写真

――ジメジメ蒸し蒸し、鬱陶しい梅雨空と台風をスカッとアニメでぶっ飛ばせ! 7月より放映開始された2014夏の深夜アニメの第一話をレビューして、オススメ作品をコンセルジュする連載「深夜アニメ 闇夜の千本ノック」! ※放送日などは全国ネット及びTOKYO MXに準拠します。

【7日(月)編】

■『ハナヤマタ』
第1話「シャル・ウィ・ダンス?」

 芳文社刊「まんがタイムきららフォワード」連載の浜弓場双の原作マンガを、いしづかあつこ監督とアニメ制作マッドハウスによりテレビアニメ化。

 なにをやっても普通、平均レベルの中学2年生・関谷なるは、自分がヒロインとなることに憧れながらも平凡な学生生活を送っていた。始業式のあった月夜の晩、なるは和装で華麗に踊る金髪の少女に出逢う。その姿からこの世のものではないと思うなるだったが、翌日登校すると昨夜の少女が転校生としてクラスにやって来る。転校生ハナ・N・フォンテーンスタンドは、なるを始めクラスメイトの笹目ヤヤと西御門多美を誘い、一緒によさこいを踊らないかと持ちかけるのだった。

 この夏の芳文社系定番枠アニメ......と思っていたら、これはとんでもないダークホースかもしれません。監督のいしづかあつこさんは『さくら荘のペットな彼女』『ノーゲーム・ノーライフ』、シリーズ構成・脚本の吉田玲子さんは『けいおん!』『ガールズ&パンツァー』『のんのんびより』『たまこまーけっと』、キャラクターデザインと総作画監督の渡辺敦子さんは『猫神やおよろず』『東京レイヴンズ』『機巧少女は傷つかない』......といったそうそうたる作品に関わってきたヒットメーカーが集結。このドリームチームかアベンジャーズかという最強スタッフ陣の並びは、一連の京都アニメーションやP.A.WORKSなど、地方発のアニメスタジオ作品群に対する、東京アニメ業界からの回答と見た!

 作品の内容も、地方都市で暮らす女子校生が今まで経験したことのない部活を通じて友情を育み学園生活を輝かせる...という、ここ数年のヒットアニメの王道パターンを踏襲。舞台は湘南の鎌倉で、山のある海近くの町......というのもいかにも聖地巡礼系アニメを思わせます。

 声優キャストもアイドルアニメやアイドルゲーム経験者を揃えており、キャラソンやイベント出演を睨んでいるのは間違いないでしょう。瞳の表現に特徴あるキャラデザ、背景の色彩やボカシなどの演出など、若干好みの分かれるであろう要素はあるものの、萌えに媚びすぎない地に足の着いた作風は、今期の覇権を取れる可能性のある一本だと思います。目ざとく先物買いをしておいて、友達に差をつけてみてはいかがでしょうか。

【こんな作品のファンにもオススメ】
『きんいろモザイク』『桜Trick』

(文/出口ナオト)

おたぽる

トピックスRSS

ランキング