“夜の営み“は意外にも普通です! 腐女子の私が“腐男子“とお付き合いしていたころの話

おたぽる / 2014年8月11日 22時0分

写真

――『腐男子』。
 それは男でありながら男同士の恋愛を好み、腐女子と同じ感性を持つ"オトコ"。......今回はそんな腐男子と、同じくホモが大好物な腐女子の私が付き合っていたときの話です。男同士の絡みが好きな男女がお付き合いをするとどうなるのか、デートから"夜の営み"まで、赤裸々に綴っていこうと思います。

 腐男子な彼との出会いはオタク合コン。当時は街コンみたいなセッティングされた出会いの場はなく、腐女子の友人が、オタク仲間を集めて主催した合コンの席にいたのが彼でした。第一印象は「可もなく不可もない人だな......」という、どこにでもいそうな中肉中背のサラリーマン。何となく人が良さそうで服装も地味な、いわゆる"平均的オタク男子"そのもの。なので最初は普通のオタクかな? と思っていたのですが、趣味の話になって初めて腐男子だと発覚しました。

 その人は仕事が忙しいのもあり、どっぷり腐ってBL漫画や同人誌を買い漁っているというわけではなく、好きな漫画やゲームを見ているうちにたまたま出てきた仲の良い男同士二人に萌えちゃう、という比較的ライトな腐男子でした。基本的にネット上でだけBLを楽しみつつ、どうしても欲しい同人誌があったらときどきイベントで女性に紛れながら買っていたという(笑)。

 当時まだ腐男子に対する理解がオタクにも腐女子にもなく、コミケなどのスペースで男性には売れないと断られたこともあったそうです。腐女子の友達もいるにはいるけど「ホモなの?」「女目当てじゃないの?」何となく疎外感を持たれてポツン......。

 それに関しては、私と付き合っていたぐらいなので、萌えの趣向としてはホモが好きだけど実際の性癖がホモというわけではない。彼女は腐女子でもそうじゃなくてもOKだけど、三次元では男性は恋愛対象にならない、だそうです。二次元の萌えキャラ化した男性はもちろん好きなのですが。ちなみに私と別れた後はオタクじゃない女の子と付き合っていました(笑)。

 そんなこんなで出会ってお付き合いが始まりました。腐男子の恋愛ってどんな感じ!? というとこですが、ぶっちゃけ外で会うときは本当に普通です(笑)。そこらの男女交際と何ら変りなく、観光スポットでデートして、お互いの話をして、たまにお泊りして......リア充ぶりたいオタク同士で、遊園地や花火大会も行きました。違うとこと言えば、デート中に気兼ねなくアニメイトやまんだらけに行って、楽しめたぐらいでしょうか。あとやっぱり好きな作品を貸し借りしたり、部屋で同人誌を読んだり(笑)。私の部屋は同人誌が野放しに置いてある"天国"なので、よく彼氏が部屋の真ん中で黙々と同人誌を読んでいました。好きな作家さんのBL漫画を貸しつけて、二人で読みながら泣いたり。よく「あれ? 今オタ友と遊んでるんだっけ? 違う、彼氏だ!!」となっていました(笑)。二人で映画を見に行って堂々と「これホモだったよね~!」と盛り上がれた時は、いい彼氏を捕まえたな~と思ったものです。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング