謎多きホラーゲーム『P.T.』は『サイレントヒル』の最新作!? 【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2014年8月13日 23時0分

写真

――毎日発表されたゲーム関連情報の中から、注目のネタをまとめてピックアップ。ざっくりわかるゲームニュース!

 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下、ソニー)は、ドイツのケルンで開催中のコンピュータゲーム見本市「gamescom 2014」にてPlayStaiton 4向けホラータイトル『P.T.』のティザームービーを公開した。

 このムービーでは、夜の住宅街に佇む男やテーブルに置かれている紙袋の中でうごめく何か、家を探索する主人公が謎の人影を目撃する場面が描かれており、最後は呆然とした表情を見せたり、恐怖に満ちた絶叫を上げたりする本作のテストプレイヤーたちの反応で締めくくられている。また、赤く強調された「Will you decipher the enigma?(あなたは謎を解くことができるか?)」という一文が表示されており、おっかなびっくりしながら迫りくる恐怖の正体を突き止めることになりそうである。

 また、ムービー公開から間もなくして本作の体験版もPS Storeでリリースされており、これをクリアすると隠しムービーがアンロックされる仕様になっている。隠しムービーには、人気ステルスゲーム『メタルギアソリッド』シリーズの生みの親である小島秀夫氏と、彼と交流のある映画『パシフィック・リム』の監督・脚本を務めたギレルモ・デル・トロ氏の名前が登場するほか、海外ドラマ『ウォーキング・デッド』でダリル役を演じたノーマン・リーダス氏が、ティザームービーで住宅街に佇んでいた男の3Dモデルと判明した。

 そして、ムービーの最後で大きく『SILENT HILL』の文字が表示され、本作が人気ホラーアドベンチャー『サイレントヒル』シリーズ最新作、もしくは関連タイトルとなることが示唆されている。近年、「ホラー色が薄れアクション寄りになっている」という意見がファンからも見られるようになった『サイレントヒル』シリーズだけに、名作ホラー映画を多数手がけた実績を持つデル・トロ氏や、さまざまな映画に精通しヒットタイトルも多数生み出し続ける小島氏に協力してもらい、本シリーズの原点回帰、心機一転を図っていると考えらえる。

 もうひとつのニュースは、世界中で密かなブームを呼んでいるシミュレーターゲームだが、そのブームの立役者であるヤギシミュレーター『Goat Simulator』が約100万本のセールスを達成したというニュース。8月11日から13日かけてドイツのケルンで開催された国際的なゲーム開発者会議「Game Developers Conference Europe 2014」にて、本作を制作したスウェーデンのゲーム開発会社・Coffee Stain Studios社が発表したところによると、「1ヶ月でゲームを作ってみよう」という軽いノリから始まった本作は、動画投稿サイト「YouTube」に投稿したα版の動画に製品化の希望が集まったことで、真剣になったスタッフたちが総出で本作の制作に取り組み、4月1日にリリースされたという経緯があるという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング