美少女ゲームブランド“ひよこソフト“に事務所訪問!代表(イケメン)が語ってくれたファン想いの精神とは?

おたぽる / 2013年11月22日 9時0分

写真

 これまでに4本ものタイトルを発表し、着実にファンを増やしている美少女ゲームメーカーのひよこソフト。設立6年で、まだ決して大きなブランドではないが、ユーザーからの指示は熱い。そんなひよこソフトはちょっと珍しい事務所訪問というサービスを展開している。

 事務所(開発室)を写真などで公開したりするブランドはあるものの、直接ファンに訪れてもらうというのはあまり聞かないファンサービスだ。実際ユーザーからすれば、どんな場所でソフト開発をしているのか気になる。筆者はひよこソフトのゲームをプレイした経験もあるのだ。

 だったら行ってみようじゃないか!

 早速アポイントを取り、事務所訪問をさせてもらった。そのついでにインタビューまでもさせてもらった。忙しいさなか、答えてくれたのはひよこソフト代表兼イラストレーターの飯田氏と、営業兼広報の古川氏だ。

――事務所訪問というサービスを展開しているブランドってあまりないですよね。どうして始めたのですか?

飯田(以下、飯):いまは会社という形態を構えていますが、もともとぼくは美少女ゲームの1ユーザーであり、1ファンでした。そこからフリーという立場で美少女ゲーム制作の現場に携わり、この業界に入ったんです。だからできるだけユーザーの皆さんと同じ感覚を持っているし、感覚を共有していきたいんです。事務所に訪問してもらうことで、できるだけ多くの方とコミュニケーションが取れればいいなと考えたのが始まりです。

――これまでにどのくらいの方が訪れたんですか?

古川(以下、古):150名くらいですね。多くの方がコミケとか、イベント前後に来てくれます。そのせいか、地方の方が多いんですよ。

――訪れた方にはどんな対応をされるんですか?

飯:美少女ゲーム業界志望の学生さんに、案外多く来ていただいているんですよ。「どうすれば業界に入れますか?」っていう感じで。そういう方には入るためのアドバイスをしたり、業界の現状なんかを包み隠さずお話しして、「軽い気持ちで入ってきたら大変だぞ」って釘を刺したりします。

古:理想と現実の乖離が激しい業界ですからね(苦笑) でも、スタッフのサインとか、グッズがあったらそれをお土産にしてもらったり、そういった応対も当然していますよ。

――現在従業員は何名いらっしゃるんですか?

飯:全員で7名です。うちのシナリオライターは、事務所訪問がきっかけで社員になっているんですよ。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング