ドMキャラ登場で薄い本が厚く...ならない? 下ネタとテンションで突っ走る『キルラキル』

おたぽる / 2013年11月24日 10時0分

 ここで、蟇郡の回想シーン。それは5年前、早速荒れる学校をシメる中学1年生の皐月。「すべての力を飲み込んで、わたし自身の力とする!! それが覚悟の違いだ!」とか遠近法を無視して言い放つ皐月に、当時中学3年生の生徒会長・蟇郡は打ちのめされたのでした。あれ? とお気づきの方は察しが早い。蟇郡は、皐月を待って2年ダブってたんですね。高校生ながら実は20歳の蟇郡。「通りで老け顔だ」とはマコさんの弁。

 さて、鉄砲でイジメられた蟇郡のカタさもそろそろ満タン。「責められるほど、俺のカタさは増し、屹立する!」そうです。あぶない。そこで、蟇郡は「死縛の装(しばきのそう)」へと二段変身。体中から触手みたいな鞭が飛び出て、敵をやっつけます。やっぱり変態。もちろん、サバイバル自動車部は壊滅。

 そして「決戦闘兵」日。バトルロワイヤルに生き残った生徒が校庭に集合! そこで、鬼龍院が、校庭に立つ5本の塔の上にいる者で「決戦闘兵」をやる、とか言い出します。当然、5人は生徒会四天王と流子。バトロワ意味無し......。ザコをふるいに掛けただけ。なんぞこれ。来週からは、四天王VS.流子という1対1の勝ち抜き戦、「塔首頂上決戦(とうしゅちょうじょうけっせん)」が始まります。

 ネットでも指摘されていましたが、流子の父親は右目に眼帯して鮮血と同じだし、なんだか、皐月の母親の謎も絡まって、鮮血=父親、純潔=母親みたいな感じがしてきませんか? 「流子VS.皐月」は姉妹対決だった、みたいな。2クールのことも考えると、最終的には姉妹タッグとかになるのか? うーん......。
(文/尾野スミ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング