声優にとってゲームの仕事は本当にオイシイのか? 明かされた声優のギャラ事情に迫る

おたぽる / 2013年11月24日 22時30分

写真

 今月21日、テレビ朝日系の番組『お願い!ランキング』のコーナー「林修先生の今やる!ハイスクール」に、アニメ『ドラゴンボール』の孫悟空役などで知られる大御所声優の野沢雅子さんが出演。プロ声優のなり方やギャラ事情といった声優業界の知られざる実情を明かした。これを受けて、ネット上では「声優のギャラが安すぎる」などとして話題になっている。

 同番組では、「声優の仕事はこんなに大変!講座」と銘打ち、声優業界について野沢さんがタレントの林修氏らへの講義を実施。その内容は「声優になるのはこんなに大変!」「声優業界の収入を知ろう!」「アドリブ力を鍛えよう!」というものだった。

 まず、「声優になるのはこんなに大変!」というテーマにて、野沢さんはプロ声優になるためには声優養成学校で学ぶのが一番早い、と明言。しかし、声優学校で学んだ後もプロの声優になれるのは全体のわずか3~4%というデータを引き合いに出し、プロ声優が狭き門であることを改めて説いた。

 次に「声優業界の収入を知ろう!」という題材では、現在、若手の声優は主人公役の声優を務めたとしてもそれだけで生計を立てることは難しく、主演作品が1本だった場合はバイトをすることも多いという、これまたシビアな現状を解説。その後、番組では声優のギャラ単価が発表された。

 "1本あたりの声優の単価"(30分アニメと推察される)として図示されたものによると、下から新人の「15,000円」、続いて「16,000円」「17,000円」「2,0000円」、そして最上段が「ノーランク」(言い値で交渉可能)。これはいわゆる"ランク制"と呼ばれるもので、協同組合である日本俳優連合が定めたギャランティ規定となっている。この制度に登録した声優は、規定に沿ってギャラが決定される。一番下のギャラが1万5000円に相当するランクは"ジュニアランク"と呼ばれ、ランク制に登録した声優は、3年間ジュニアランクに属することとなる。登録後3年が経過すると、F~Aの基本ランクが付与され、最高のAランクは1本のギャラが4万5000円ともいわれている。そのため、番組で示された図はある程度省略されていると考えられるだろう。なお、野沢さんクラスの大御所声優になると、"ノーランク"としてギャラの上限がなくなり、言い値となることも明かされた。

 加えて、野沢さんは仕事の種類によるギャラの差にも言及。洋画吹き替え→アニメ→パチンコ→ゲームの順でギャラが良いとしていた。ゲームなどのギャランティについて、野沢さんは「たまらないですよ。うわっ! なんて感じで(ギャラを)頂けます」と、率直な感想を口にしていた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング