「パンドラ・プロジェクト」三部作が始動!! シンガー・Ceuiが語るアニメ&ゲームソングとオリジナル曲の違い

おたぽる / 2014年9月14日 17時0分

──僕の中のではCeuiさんはストイックに楽曲制作される方、というイメージがあったのですが、今回のお話を聴いていると音楽が目的ではなく、音楽表現を通じて何かを訴えかけようとしているのかなと感じます。

Ceui まさにその通りで、以前は楽曲制作をしてパッケージにすることが100%正解だと思っていたんです。でもエデン(ライブのこと)をやって、センティア(ファンのこと)のみんなと一緒に過ごしたり、ホーリア(スタッフ、関係者のこと)と触れあっていくうちに、音楽は制作だけで完結するものじゃないんだなと思うようになってきました。聴いてくれた人がどう受け取るのかによって音楽は彩られるんだなって気づいてきたんです。

 確かに自分が歌ったり曲を作ったりしてはいるんだけど、最終的に音楽は聴いてくれる人のものになるんですよね。そして歌も踊りもMCも全てがセンティアを楽しませるエンターテイメントになるんだと思ったら、急に見えてくるものが増えてきて、自分のやりたいことも増えてきたんです。だから、今回はホーリアにもずいぶんと無理を言ったりもしたのですが、今まで以上に協力してもらって、一緒に作品を作ることの面白さや喜びというものをすごく感じています。

──エデンを通じてセンティアの存在がより身近になることで、表現したいものが増えてきた。

Ceui そうですね。自分が一方的にこれをやります、っていうのは違和感があるように思います。エデンでのセンティアの反応やコールアンドレスポンス。そこで生まれる空間とか楽しさの影響は非常に大きいですね。だから、歌以外にいろんなことにアンテナを張って、「面白そう」とか「素敵だな」と思える感覚を大事にしたいと思っています。みんなを楽しませられることなら音楽に限らず何でもキャッチして、CDだけでなくエデンで表現できる立体的な面白さを追求できたらいいなと思っています。

■センティアやホーリアを心から楽しませることをゴールに考えたい。

──今回のアルバムは、センティアのみならずCeuiさんにとって大きな発見のある2枚になりそうですね。

Ceui もう発見しかない2枚だと思います。実は、前作『ガブリエル・コード』を作った時から「自分がタイアップから離れてゼロから表現するとしたら何を表現したらいいんだろう」と考えていたんです。最初、タイアップから離れて自由に制作していいよ、と言われた時は嬉しかったんですけど、同時に私はどんなことを表現したらいいんだろう、という戸惑いも非常にあったんです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング