恋愛&結婚も可!「今つきあえるアイドル」ハップニングガールズ(仮)デビューライブレポート 

おたぽる / 2014年9月25日 20時0分

写真

 今も昔も、アイドル、そしてアイドルファンを苦しめるルールのひとつといえば、「恋愛禁止」。ほぼすべてのアイドルにおいて事実上規則化されており、それを守れなかった女の子たちが「大切なお知らせ」と共に何度消えていく様を見守ってきたことか......。しかし、その心配がいらないアイドルがついに登場! その名も「ハップニングガールズ(仮)」。驚くことに彼女たちのルールは「ファンとメンバーの恋愛OK、結婚も可」! そんな彼女たちのデビューライブが23日、AKIBAドラッグ&カフェ『アキドラプレミアムNight vol.10』で行われました。

 正式メンバーが発表されてから多くのネットニュースやSNSで話題になった彼女たち、出番前から他のグループのMCで「今日のお客さんは"お見合い"しに来たんですよね?」という発言が飛び出すなど、バックステージでも話題になっていたようだ。事実、正式メンバー発表以降ブログのアクセスが急増、1万件を越えたという。

「恋愛・結婚可」「年中水着でパフォーマンス」「全員20歳以上」......そのライブはイロモノか、それ以上か?

 そんな期待の視線の中、イベントの7組目に彼女たちが登場。ステージ上に現れた4人のTシャツ姿に「あれ?」という観客の空気は否めないものの、人生初の自己紹介「わたしたち、ハップニングガールズ(仮)(カッコカリ)!です!」の声に視線は優しい。まだオリジナル曲はないとのことで、1曲目はAKB48「ポニーテールとシュシュ」。パフォーマンスはサーヤ、カオリ、エリの3人(マナカは研究生につきMCのみ)。濃いファンが集ったイベントでの定番曲だけにガッツリと盛り上がり、落ちサビでは最前に突入してケチャを打つファンもいたほどだ。

 1曲終わってのMCでは「私たちは恋愛・結婚もOKということで、ファンの方々を"未来の旦那様"と呼ばせていただきます!」と宣言。そしてお客さんたちの空気を察して「あれ~、皆さんなんか物足りないみたいですね~」と、ステージ上でのTシャツ脱衣タイム開始! やはりこの至近距離での生水着は威力がある。しかも2曲目はももいろクローバーZの「ココナツ」! 客席にもサークルが発生し、ステージも見ずにぐるぐる回転。檀上には水着姿の女の子がいるのに! いや、水着だからこそこの異様なハイテンション状態が現出したと断言したい。

 そして「このあとの"お見合いタイム(物販)"来て下さいね!」とアピールしてからのラスト曲は、まさに水着ソング、SKE48「パレオはエメラルド」。デビューライブらしいフレッシュさと、水着のインパクトをしっかり残して、ライブ後はお見合いスペースへ。トーク券やチェキ券を購入した"未来の旦那様"との婚活? に励む4人でした。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング