ルイズ委員長はメンバーの胸に興味津々!? アフィリア・サーガの新メンバーが先輩の素顔を暴露!【インタビュー】

おたぽる / 2014年10月1日 3時0分

写真

 7月23日に加入が発表され、9月7日のSHIBUYA CLUB QUATTROで行われたアフィリア・サーガ主催ライブ「MagicSong ~ Autumn」で、ステージデビューをした、アフィリア・サーガの新メンバー。アフィリア王国に新たにやってきた、アリス・ローゼン、ラブ・ベリー・ジャンヌ、ナナ・ドロップ・ビジュー、ミュナ・シュリータの4名に、初ステージの感想から先輩メンバーとのエピソードまでをインタビュー! 話を聞いて行くと、とあるメンバーの意外な素顔が明かされた。

■デビューの影には、先輩メンバーの"とある"サポートが!

――まず、みなさんの自己紹介からお願いします。

ラブ・ベリー・ジャンヌ(以下、ラブ) 私はイチゴの国から来ました、ラブ・ベリー・ジャンヌです。"ラブ"という名前の通り、みなさんに愛をお届けできるようなアイドルになりたいです。メンバーの中では、ユカフィン・ドールさんをリスペクトしていています。ユカフィンさんは、女の子にも人気なので、私もそうなりたいと思っています。

――レッスンなどで、ユカフィンさんとのエピソードはありましたか?

ラブ アフィリア・サーガは、ダンスの振付けは青チームと赤チームの2チームに分かれているのですが、私はユカフィンさんと同じ赤チームだったので、すごく優しく教えてもらいました。カフェに一緒に行った時も、ごちそうしていただいて、本当に女神ですね。

――では、次はアリスさん、お願いします。

アリス・ローゼン(以下、アリス) アリス・ローゼンです。長いツインテールがチャームポイントなので、ぜひ私を見つけてください。

――アリスさんのレッスン時のエピソードは、何かありますか?

アリス 初ステージのライブに向けて、たくさん練習してきたのはもちろんですが、アフィリア・サーガには、ダンスの振付を先輩から伝授してもらうという伝統があるんです。始めはびっくりしましたが、先輩メンバーたちが時間を取ってくれて、私たちのために練習を重ねてきてくださったので、本当に感謝しています。先輩メンバーがいたからこそ、ステージに立てたと思います。

――アリスさんにダンスを教えてくれたメンバーは、誰だったのですか?

アリス 私は青チームだったので、レイミー・ヘヴンリーさん、マホ・ソット・ボーチェさん、ミク・ドール・シャルロットさん、コヒメ・リト・プッチさんが教えてくれました。みなさんダンスの特徴が違っていて、教えていただくことも違うので、先輩メンバーたちがいたからこそ、ダンスが完成したのかなって思います。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング