やっと10代女子の感覚になれた!? 声優・歌手の今井麻美(ミンゴス)の天然インタビュー!

おたぽる / 2013年11月27日 12時0分

写真

『STEINS;GATE』の牧瀬紅莉栖役など、様々なジャンルで声優として、また歌手として精力的に活動している今井麻美さんが、11月27日に4枚目となるアルバム「この雲の果て」をリリース。

 今回はアルバムリリース直前時の今井さんに直撃! "自身の人生"をテーマにしたという表題曲やさまざまな表情を見せてくれる新曲、さらにはミュージックビデオについて、裏話をたっぷり交えながら語ってくれました。クスリと笑えるエピソード満載のミンゴストークをどうぞ!

──まずは4枚目のアルバム「この雲の果て」発売にあたっての喜びのお言葉をお願いします。

今井 「わーい!」という気持ちでいっぱいです! 今回も新曲やCD未収録の曲がたくさん入っていて、どういう作り方をしていこうかなと考えた時に、「表題曲に主眼を置こう」って思ったんです。

──なるほど。では、その表題曲「この雲の果て」について教えてください。

今井 この曲がこのアルバムのテーマだと言っても過言ではないくらいの気持ちで曲と向かい合って作詞しました。楽しいことがあった時も大変なことがあった時も、日本人の美的感覚として"じっと堪える"っていうのがすごく綺麗だなって考えていまして。そういうところが日本人の強いところだなって。改めて自分の人生と重ね合わせてみても、そう思ったんですよ。そういう思いが、この曲を聴いてるとどんどん沸き上がってきて、完成してみたらアルバムのテーマどころか自分の人生のテーマみたいな曲になりました(笑)。

──壮大ですね。

今井 私、最近やっと自分が今やっていることって誰かに影響を与えてるんじゃないかって思えるようになってきたんです。4枚もアルバムを出させてもらっていて、まだ自分のことをそんなに小さく見てるなんて、自分でもちょっとびっくりしてしまうんですけど(笑)。この歌が誰かの心に届くといいなっていつも思っているけれど、まだ足りないなって思う葛藤もあって......。でも、「この雲の果て」を作詞して、少しでも誰かに影響を与えられたら素敵だなって前向きに思えるような歌詞になって、最終的には明るい未来が見える希望のある歌になりました。

──アルバム制作中はどんな心境でしたか?

今井 これまでアルバムを3枚出して、自分が音楽と対面した結果、見えてきたものが結構苦しみの連続だったんです。達成感と共に、自分に足りないものをまざまざと見せつけられた気がします。でも、今を耐えて静かに乗り切れば、きっとその先にまた新しい発見があるんじゃないかって考えながら、アルバムを制作しました。私が音楽ともう一度ゼロから向き合ってアルバムが完成したんです。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング