“年齢に恋をする“ロリコンたちは危険なのか? 娘とアイドル現場を楽しむ心得

おたぽる / 2014年10月21日 1時0分

「子供とアイドルを見に行ってますよ」という話をアイドルに興味のない人に言って、「え、(アイドルファンとか)危なくないすか?」と言われたことは何度かある。ただ、子供とアイドルを見に行っても「直接的な危険」は基本的にない、と自分は思う。先のリフトみたいな話もあるけれど、「そういう人」と出会う確率は街中でもあるものだし。ライブをはじめとした現場の客に関しては、先に書いたとおり「アイドルを見に来てる」わけで、「客として子供と行く分には」さほど問題はないと思う。そんな場所で何か起こす可能性の危険人物は、どんな場所でも危険を犯す可能性がある、というだけの話だ。岩手のAKB48メンバー襲撃事件も、犯人はファンではなく「誰でもよかった」タイプの男だった。

 それに、「他者からの視線」に関しては気になりだしたらキリがない......まあ、これはアイドル趣味に限らずのことだけども。

 そもそも、アイドル現場に子供を連れていくことに抵抗を感じるというのは、「夜道を歩いてたら、後ろの人が追ってくるように思える」ようなもので。ある意味、それは自分含めて「ヲタはヲタを信用してない」現れなのかもしれないし、子供という守る対象が出来たからこそ、他からの視線に対して自分が過敏になっているってこともあるでしょう。ネットを見ると、飛行機内だのベビーカーだの、子供の同伴は叩かれがちだし。自分も「過去、そっち側だった」「今もそうだったかもしれない」という思いを胸に留めながら、アイドルを見て子供が楽しそうだったら楽しませる! つまんなさそうなら帰る! 眠そうなら寝かせる! で楽しむのが一番なんじゃないでしょうか。

●大坪ケムタ
1972年、佐賀県生まれ。主に18禁系からプロレス・芸能・旅行など幅広いジャンルを手がける尻の軽いフリーライター。近年ではアイドル記事やパンフレット制作なども手がける。共著に「ゼロからでも始められるアイドル運営」(コア新書)。
ブログ<http://otb.hatenablog.jp/>

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング