“200万本出荷“も評価は大荒れ!? 「モンハン」シリーズ最新作『MH4G』評から、その原因を探る

おたぽる / 2014年10月23日 0時0分

写真

 人気ハンティングアクションゲームの最新作として10月11日に発売された『モンスターハンター4G』(以下 MH4G)。新作が出るたびミリオン単位のヒットを飛ばしてきた「モンハン」シリーズだけに注目度は高く、カプコンは10月15日、早くも国内で200万本出荷(ダウンロードカードおよびNintendo eShopでのダウンロード版販売実績を含む)の達成を明らかにした。また同日、「ファミ通.com」はダウンロード版を含まない『MH4G』の国内推定販売本数(初週)を161.8万本と報道。販売でも200万本到達ペースと好調なスタートを見せたようだ。

 しかし今回の『MH4G』では、ユーザーからの評価にちょっとした異変が生じている。 大手ネット通販サイト「Amazon.com」でのユーザーレビューを見てみると、10月19日時点で『MH4G』の平均評価は☆2.3(満点は☆5)。セールス数が多かった過去作『MH2G』の☆3.9、『MHP3』の☆3.9、『MH4』の☆3.6などと比較すれば際立って低い。「Amazonで購入」タグが付いた100件あまりのレビューだけを手作業で集計しても平均評価は☆2.8にとどまった。☆1の最低評価を付けている購入者が全体の30%を超え、「即売却しました」「これはひどい」「シリーズ最低の出来」など辛辣な言葉が並んでいるのは気にかかる。

 そこで今回は発売から一週間を迎えた『MH4G』に対する現状の評価をまとめてみた。シリーズ累計プレイ時間がたかだか3000時間台に過ぎない凡ハンターな筆者の主観も多少含まれていることはあらかじめご了承いただきたい。

■武器バランスの是正や待望の"キック機能"実装などプラス評価も

 まず、肯定的な意見をまとめてみよう。近年の「モンハン」シリーズでは"理不尽な冷遇を受ける武器種"がしばしば見られたが、『MH4G』の武器バランス調整は今のところ好評だ。強かった武器を下方修正するのではなく、弱い武器を強くするという、理想的な調整が施されたといえる。

 また、前作『MH4』を象徴するネガティブ要素だった"ゆうた"問題――ネットワークプレイで地雷行為を繰り返す悪質ユーザー――に対し、ついに彼らをパーティーから追放する「キック機能」が追加された点は大きい。同様に問題視されていた改造武器も、データ引き継ぎの際にある程度ははじくようになっているという。オンラインまわりの調整は、ひとまず一定の評価を得ている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング