無茶ネタでごまかされたような気も...? 変態プレイ続出の 『キルラキル』

おたぽる / 2013年11月30日 20時0分

写真

――毎日、何本ものアニメが目まぐるしく放送されている現代日本。これだけ放送本数が多いと、見るのだって一苦労......。そんな悩める現代オタクのため、「おたぽる」がオリジナル作品を中心にテレビアニメ・レビュー! これさえ読めば、気になるあのアニメのあらすじから評判までがまるわかり!!※本文中には"ネタバレ"が含まれていますので、ご注意ください。

■『キルラキル』
第9話 「チャンスは一度」

【今週の極私的見どころ!】
 ビシバシしばかれる纏流子(CV:小清水亜美)の尻! もすごくよかったんですが、声優にまったく詳しくない筆者は、柚木涼香さんが声優を務める鬼龍院皐月の中学生と高校生の演じ分けが「すげー」と思ってしまいました。

 それにしても、今回の蟇郡苛(CV:稲田徹)さんはカット変わるたびに大きさが変わったりして、ネタ的には面白かったんですけど、そういう無茶ネタで少しごまかされたような気も......。

【今週のオススメ度】
★★★☆☆

 四天王戦の初戦は風紀部委員長・蟇郡苛。四天王が立つ塔の高さが低い順に対戦するんだとか。ここら辺、なんだか『聖闘士星矢』の十二宮の戦いを思い出します。『聖闘士星矢』も初戦はごついアルデバラン。あんまり関係ないと思うけど。

 さて、午後1時から始まる対戦を前に腹ごしらえをする流子。そこに担任・美木杉愛九郎(CV:三木眞一郎)が訪れます。彼は、四天王と連続で戦えば、神衣・鮮血(CV:関俊彦)と流子に何が起こるかわからないと棄権を薦めますが、「余計な口を出すな。それともあんたが話してくれるのか? 父さんがなぜ殺されたか」と聞き返す流子。「それは無理だ」と美木杉。で、美木杉はすごすごと退散。なんで無理なんでしょう?

 午後1時。早速、蟇郡は3つ星極制服「縛の装」に変身。ところが両者微動だにせず。それもそのはず、流子は攻撃されることで真価を発揮する「縛の装」のカラクリを前回見てますからね。いわゆる放置プレーです!!

 そこで蟇郡、自分で自分をしばいてパワーを溜めこんで「死縛の装」へと変身。セルフSMという高度なプレイをやってのけます! 触手みたいな鞭で流子をビシバシしばきます! お尻とかビシっとひっぱたいて、そのたびに流子さんが「はっ」だの「あっ」だのと......。やばいですね。これはやばいですよ。この回だけはPG12じゃないでしょうか。ネット上の紳士の皆さんも「これはエロい......!」「(履いてないように見える)ケツがヤバいwww」と、騒然です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング