ある意味、トラウマ音楽集? 思い出を呼び起こす『サザエさん音楽大全』とファミコンの音源集が登場

おたぽる / 2013年12月4日 13時0分

写真

 本日12月4日は、アニメ『サザエさん』の音楽集『サザエさん音楽大全』と、2013年で発売30周年を迎えたファミコンの名作ソフトの音源を集めた『Nintendo FAMICOM MUSIC』の2つの音楽集がリリースされる。『サザエさん』とファミコンというビッグタイトルの音楽集、果たしてその内容とは? 長く愛されるコンテンツならではの(?)、極私的な思い出と共にご紹介したい。

 現在、ツイッターといったSNSや2ちゃんねるの実況でも大人気の国民的アニメ『サザエさん』。今回発売される『サザエさん音楽大全』には、定番のオープニング曲をはじめ、「磯野家の団欒」、「カツオのテーマ」、「波平のテーマ」など、作中で流れるお馴染みのBGMを収録。さらに、いまだに声優が「?」と表記されている「タマの鳴き声」、なぜかネットでは"タラヲ"呼ばわりされて蛇蝎のごとく嫌われている「タラちゃんの足音」といった効果音、そのほか耳馴染みのない"レアBGM"などの貴重な音源も収録されていて、『サザエさん』のあらゆる音を網羅した一枚となっているのだ。もちろん最後はエンディングテーマ「サザエさん一家」&「予告用BGM」と、月曜日を迎えるにあたって憂鬱になる「サザエさん症候群」を誘発する音源で締められているぞ!

 ちなみに筆者は、「サザエさん一家」の歌詞「大きな空を眺めたら~」が、「大きなソーラン、ナナメかっちゃん」と聴こえてしまい、本当の歌詞を知ったのはずいぶん大人になってから。子供の頃から「大きなソーランは『ソーラン節』のソーランと同じ意味でサザエさんのとぼけた感じを、ナナメかっちゃんは、筆者の出身地の方言で『来ている服の前後が逆、裏表、ボタンの掛け違い』などを指す"かっちゃん"という言葉に "ナナメ"を付けることでサザエさん一家のドタバタした雰囲気をそれぞれ表している」と勝手に解釈していました。なんだか恥ずかしいっス。

 一方の『Nintendo FAMICOM MUSIC』は、『スーパマリオブラザーズ』『プロレス』『ゼルダの伝説』『メトロイド』『ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島』といった任天堂の名作ソフトのBGMを収録した2枚組でリリース。実際のソフトからオリジナル音源を抽出し、ファミコンBGMでは初となるBlu-ray Discの製造技術をCDに投入した仕様「Blu-specCD2」を採用するなど、当時の音質を忠実&クリアに再現する徹底した作り込みとなっている。ファミコンで育った世代も納得のクオリティに仕上がっているといえるだろう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング