『機械人形 ナナミちゃん』マンガ家・木星在住インタビュー「何かを喋るんだったら、マンガのコンテンツで喋りたい」

おたぽる / 2014年11月28日 22時0分

写真

 今年6月にインターネットで無料公開されるや注目を集めた木星在住氏のマンガ『機械人形 ナナミちゃん』が、マイクロマガジン社より10月末に単行本で発売された。今回発売されたのは第1巻で、以下続刊予定だという。

 物語は「機械人形」と呼ばれる人間に似たロボットが存在する近未来が舞台。その世界では、普及した機械人形の製造・禁止のための機械人形規制法が国会で成立し、所有者へ破棄を要請する「赤紙」が送付され、清掃員による破棄作業が始まっている。そんな世界を舞台に、機械人形のナナミと孤独な少女ノリコとの物語は描かれていく......。

 この作品が注目されたのは、ある出版社で一年あまりをかけて600ページのネームを執筆、一度は連載が決まったもののボツとなったため、作者がネットで公開するという方法を決断したことにある。しかも、今回の単行本に掲載された作品の単行本化に至る年表では、作者は過去10年にわたって4回、機械人形を軸に据えた作品を描いてきたものの採用されるに至らなかったことが綴られている。

 木星在住氏は、いかにしてこの機械人形というテーマに熱意を燃やし、なぜネットでの公開を決意したのか。

 インタビューの中から明らかになってきたのは、彼のマンガ家になろうという、燃えるような想いであった。
 
――今回、第1巻が発売されましたが、まだ物語は始まったばかり。プロローグの印象を受けました。ホントにまだプロローグですよね?

木星在住(以下、木星) 設定が少し難しいので、それを説明するだけで一巻を使ってしまうと思いました。ですから、とりあえず、設定は度外視してパニック状態のところから始める構成にしたんです。ですので、一巻を読んだだけでは世界観は断片的でわかりにくいかもしれません。2巻、3巻では次第に世界を描いて、引き出しを開けていこうと思っています。

 言葉足らずな部分を2巻、3巻では説明していくつもりですが、それがちゃんと出来ていなかったら、自分が今話したことは嘘になってしまうかもしれません。ただ、過去にこうしたオリジナル作品を作ったことがないので、読者の方に「エンターテイメントを提供していく」と言っても信じられないかもしれません。それでも、自分としてはSFとかアクションなど、さまざまな娯楽要素を詰め込んで描いているつもりです。ですので、作品が終わった頃に「自分が何が得意なのか」がわかる作品になるのではないかと思っています。処女作ですから、自分の得意なことがわかる土台となればよいな、と考えて描いています。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング