デートムービーには持ってこい!?『Peeping Life - WE ARE THE HERO -』地元・福岡で凱旋挨拶!

おたぽる / 2014年11月29日 18時0分

写真

 11月22日、イオンシネマ福岡にてCGアニメ映画『Peeping Life - WE ARE THE HERO -』の舞台挨拶が行われた。 11月15日より全国41館のイオンシネマで封切られた同映画だが、同日より本編DVDも発売開始され、劇場とDVDで同時展開している(さらに、劇場の前売券特典が本編DVD)。

 2008年よりDVDを発売開始し、今や累計50万超の大ヒットシリーズに成長した『Peeping Life』シリーズ。これまでのDVDの売り上げは、ヴィレッジヴァンガードでの展開が大きく寄与している。今回のイオンシネマ系列での公開も、各イオンモールにヴィレッジヴァンガードがテナントとして入っていることからも納得だろう。

『Peeping Life』シリーズは、森りょういち監督が以前に自主制作していた『EACH LIFE』シリーズが元となっていて、実写で演じた動きをCGでロトスコープするという手法を採っている。本作『Peeping Life - WE ARE THE HERO -』は、昨年発売した『手塚プロ・タツノコプロワンダーランド』の第2弾の位置づけとなる。往年の有名キャラクターが一同に会しているのが特徴だ。

 舞台挨拶に登壇したのは森監督、ブラックジャック役の松本剛さん、ハクション大魔王役のサノシュンスケさん、ゴールドライタン役の坪谷光昭さん。サノさんは、本作「バカップル」シリーズのマチャヒコ役でもお馴染みだ。

「みなさん今日はありがとうございます」(森監督)「邦画洋画、話題作が公開される中で、あえてこの作品を見に来てくださったことに感謝します」(松本さん)「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン!」(サノさん)「非常に素晴らしいサスペンス映画ができたと思っております」(坪谷さん)

 と、それぞれツカミの挨拶。

「今日来ていただいているキャスト3名のうち、2名が福岡」と語る森監督も、本作を福岡で制作している。それから、本作の見どころについて話を振られた坪谷さんは「すごいですね初めから。火薬の量がすごいです」と言うと、そこですかさず森監督は「『見てない』と言ってもいいですよね? サノさんも見てないですけど」とツッコミを入れる。

 サノさんは「1週間前(11月15日)に東京で舞台挨拶をやったんですけど、(その時は見てなかったから)あまりコメントのしようがないんですよね」と苦笑い。今は見たと弁明をしつつ、「坪谷さんも今同じ状況で、(映画の前知識としては)みなさんとそんなに変わらないかなと」と水を向ける。それを踏まえて、坪谷さんは「作ってどうなってるのかも教えてもらってない感じ」と返した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング