作品の世界に入り込める!? 『アップルシード アルファ』、フォトリアルフルCGアニメ作品初「4DX」上映決定

おたぽる / 2014年12月4日 22時30分

写真

 2004年にその革新的映像世界で国内外に衝撃を与えた「アップルシード」の待望の最新作、『アップルシード アルファ』が2015年1月17日(土)より、新宿バルト9他にて全国公開となる。

 原作・士郎正宗(『攻殻機動隊』)の世界感を圧倒的映像で世に贈り出したオリジナル制作陣が再結集! さらにメインテーマにPerfume、きゃりーぱみゅぱみゅのプロデュースをはじめ、自身のユニット『CAPSULE』でも活躍している中田ヤスタカを迎え、シリーズの前日譚をスピード感ある映像と最新CG技術で見事に描き出した。先行してリリースされた欧米では好評を博し、ファンを虜にした。

 そして日本の公開では、その映像世界をさらに楽しむべく、4DX版での上映も決定。さらに4DX上映劇場でまだめずらしい4DX版予告編も上映! まるで遊園地のアトラクションのごとく揺れる、濡れる、そして匂う! 「アップルシードアルファ」は、アドレナリン大放出間違い無しの新感覚映画となる。
【プレスリリースより】

◆揺れる!濡れる!匂い漂う!「アップルシード」を五感で感じる!
 フルCGアニメーションで現実世界の"リアルさ"を追求した「アップルシードアルファ」のフォトリアルと呼ばれる新たなジャンル。アニメーションの域を超越した新次元の映像世界で、通常のアニメ作品では体感することの出来ない、超大迫力のアクションを五感で体感出来る4DX。映像の動きに完全にリンクし、前後左右へシートが稼働、銃撃アクションとリンクしたフラッシュや水しぶきなどの特殊効果と共に、特筆すべきは舞台となる大戦後の荒廃したニューヨークを意識した"火薬、ゴムの焦げ"の香り。まるで本作の世界に入り込んだかのような、新次元の映像体験を可能にしております。

<4DXとは>
3Dのその先「体感型(4D)」を演出するための最新劇場上映システム。座席が作中のシーンと完璧にリンクし、前後上下左右へ稼働。また、風、水(ミスト)、香り、煙りなど、各種演出も体感できるアトラクション効果も搭載している。

「アップルシード アルファ」 4DX上映劇場
ユナイテッド・シネマ豊洲(4DXは12/19から営業)、シネマサンシャイン平和島、小田原コロナシネマワールド、USシネマ木更津、中川コロナシネマワールド、豊川コロナシネマワールド(4DXは12/13から営業)、福山コロナシネマワールド、小倉コロナシネマワールド

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング