GRANRODEOサポートドラマー長井“VAL“一郎 超人気ロックユニットを支えるその素顔に迫ってみた

おたぽる / 2014年12月11日 21時0分

写真

 『黒子のバスケ』といえば女子から特に人気のある青春バスケ漫画だ。テレビアニメは現在第二期が2014年3月まで放送され、2015年1月からは第三期の放送も決まっている。最近では同作品の作者に対する脅迫事件が発生したことも記憶に新しいが、ある意味作品の知名度の裏返しともいえる事件だった。

 そんな『黒子のバスケ』を音楽で支えているのがGRANRODEOだ。アニソン界では言わずと知れた大人気ロックユニットで、ボーカルのKISHOW、ギターのe-ZUKAから構成されている。KISHOWは大人気声優の谷山紀章氏であり、e-ZUKAは栗林みな実などアニソンやゲームソングへの楽曲提供をおこなっている飯塚昌明氏だ。音楽不況が叫ばれる中、HR/HMのハードさにジャズやポップス、プログレといったありとあらゆるジャンルのエッセンスが混ざり合った、まさにGRANRODEOでしか表現・演奏できない楽曲群でアニメファン以外からの支持も非常に高く、注目を浴びている。

 そして、そんなGRANRODEOをさらに支えているのがライブサポートメンバーのベーシスト瀧田イサム氏とドラマーの長井"VAL"一郎氏だ。通常GRANRODEOといったら、KISHOWとe-ZUKAが注目されるのだが、GRANRODEOはライブで必ず瀧田イサム氏と長井"VAL"一郎氏の紹介をする。そこから感じられるのは、表立つのはKISHOWとe-ZUKAで、あくまでユニットなのだが、実際は4人のバンド感をとても大事にしているということだ。

 そこで今回、最近「ばるばる」という自身のネット番組を始めて、ひそかな話題を集めている長井"VAL"一郎氏に注目してみることにした。長井氏といえば、これまでのキャリアがCONCERTO MOON(編注:読みはコンチェルトムーン。2000年までドラマーとして参加)やARK STORM(編注:現在もドラマーとして活躍中。ベーシストは瀧田イサム氏)といった日本を代表する様式美メタルバンドのドラマーとして、創世記から支えてきた立役者の一人だ。GRANRODEOといったアニメやゲームの音楽というイメージが強くなってしまうユニットとは全く異なるもののように思える。

 なぜそんな長井"VAL"一郎氏がGRANRODEOのサポートをやることになったのか、ドラマーの専門的な視点も交え、様々な質問をぶつけてきた。

――長井さんは最近「ばるばる」というネット番組をYoutubeで始め、先日もドラム専門誌に登場されましたが、普段はあまりメディアに出られませんね。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング