いよいよクライマックス突入! 史上最大スケールの三部作スタートの『トッキュウジャー』第39駅

おたぽる / 2014年12月14日 7時0分

写真

――日本全国のちびっ子から青少年、大きなお友だち、さらにはお母さん方といった女性までもを魅了する特撮ヒーローたち。そんなヒーローの活躍を世に広めるためのレビュー! これさえ読めば、気になる特撮作品のあらすじから評判までがまるわかり!!※本文中には"ネタバレ"が含まれていますので、ご注意ください。

■『烈車戦隊トッキュウジャー』
第39駅「終わりの始まり」

【今週の極私的見どころ!】
 復活目前!? 久しぶりにグリッタ嬢(CV:日高のり子)の台詞来たーーっ!

 第23駅以降は闇の皇帝ゼット(演:大口兼悟)に取り込まれ、すっかり影が薄くなっていた我らがグリッタ嬢。だが、今回はゼットの闇の力が弱まっているということで、ノーベル賞受賞の青色LED並みにはっきりと実体化、おまけに久しぶりの長台詞も来ましたよ! しかも次回予告では、なぜかレインボーラインに乗車する姿まで!! 前半ではミオ(演:梨里杏)やカグラ(演:森高愛)をさしおきメインヒロインとまで評されたグリッタ嬢だけに、一刻も早い復活とクライマックスでの活躍を期待したい。

【今週のオススメ度】
★★★★★

 年の瀬も迫り、クリスマスの準備を進めるトッキュウジャーの面々。ワゴンさん(CV:堀江由衣)曰く、この時期は街にイマジネーション(うふんな想像)があふれるので、シャドーラインの活動が衰えるのだとか。ライト(演:志尊淳)たちは、明(演:長濱慎)にもクリスマスを体験させてやろうと連絡をとってみたが......。

「トッキュウジャーのリア充っぷりに絶望した!」「うふんな想像は、ともかくゲヘへな負のイマジネーションなら大量放出してる」どちらかというと大きなお友達は、トッキュウジャーよりシャドーラインに激しく共感する人が多いみたいですが、トッキュウジャー史上最大のスケールで展開するクリスマス三部作の始まりです。

 かつて時がくれば、その軍門に下るとシュバルツ将軍(CV:壤晴彦)と約束した明。そして、その時が来ました。シュバルツ将軍は、闇の力が衰えるこのクリスマスこそ闇の皇帝ゼットに叛旗を翻す絶好のチャンスと考えていたのです。連絡が取れなかった明を心配して、ビルドレッシャーに向かったライトたち。しかし、そこにはもう誰もおらず、明が書いた「ドリルレッシャーでシャドータウンをさがすほうほう」が書かれたメモが残っているのみ。さらに明がいつも被っていたヘルメットが置き去りにされているに至り、これはただ事ではないとライトたちも心配し始めます。しかし、ヘルメットをして「もはやこっちが明くんくらいの勢い」って、そんなこと言ってるから出て行ったんじゃないかという気もしますが。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング