【今週の弱ペダ】「第12話」~ボクの初恋を新開さんに捧ぐ~『弱虫ペダル GRANDE ROAD』腐女子的レビュー

おたぽる / 2015年1月5日 23時30分

写真

――今年も腐女子の"トライアスロン"がやってきた! 今夏に最終回を向かえた『Free!-Eternal Summer-』に引き続き(?)アニメ2期となる『弱虫ペダル GRANDE ROAD』が放送開始。そんなことで、今回もやってしまいます!! 『弱虫ペダル 』腐女子的レビュー!※本文中には"ネタバレ"が含まれていますので、ご注意ください。

■『弱虫ペダル GRANDE ROAD』
ROAD.12「泉田の誇り」

 あけましておめでとうございます! 今晩はアニメ『弱虫ペダル』新年初の放送......ということで、去年はどこまでやったんだ? って人も多いはず。放送前に振り返りましょう!

 いよいよインターハイ3日目もラスト40km。箱根学園(以下、箱学)・荒北の激走により、呉南工業は落ち、箱学と総北高校(以下、総北)の戦いに。しかしその立役者・荒北は体力を使い果たしレースから離脱してしまい......タイトルからして泉田に"アブない"空気が漂う12話、スタート!

 最初に飛び出したのは箱学。その後を追う総北集団の中で、小野田は"みんなで走るのはこれが最後"という言葉を噛み締めていました。そして小野田はもう一度「このチームのために僕ができることがあるならなんでもやります!」と強く前を向いて叫びます。"初心者"だから、何をしていいのかもわからない。そんな小野田だから言える「なんでもします」という心からの言葉に心を動かされるチームメイトたち。今泉と鳴子もそれに同調し、まっすぐな目に照れながらもうれしそうな巻島と田所。そして金城のオーダーは「お前らの全力を俺にあずけろ!」という"総北の魂"そのもの! 総北、本当にいいチームですね......(涙)。勝つために、チームのために走る彼らの青春にときめかずにはいられない!!

"今すぐに箱学に追いついてやる!"という気持ちで、思わず今泉と鳴子が同時に前に出ます。お前ら普段ケンカばっかしてんのにこんな時だけ気が合うのな! ホモだな!!(確信) ......いや、今はまだホモじゃない。けれどこれは確実に"ケンカするほど仲がいいホモ"の芽生えを感じる......。相変わらず意地っ張りな二人は「俺が行く!」と互いに主張しながら先頭の役目を譲りません。鳴子は小さいから、今泉はずっと金城を引いて疲れてるから俺が行くべきだ......いち早く走りたいのに決着の付かない二人はなんと「一緒に引く」という手段に出ます。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング