北川景子の『なりたい顔&ヘア』W受賞に白石麻衣も納得? “4分間Noまばたき”で美顔をフルアピール

おたぽる / 2019年1月3日 8時0分

写真

 女優の北川景子が、12月20日発売の美容雑誌「美的」(小学館)の読者投票による2018年の『なりたい顔』と『なりたいヘア』の2部門を受賞したことが、同誌面上で発表された。同日に開催された贈賞式では、「恥ずかしいのと申し訳ないのと、ありがたいなという感じでした」との謙遜コメントを残し、ネット上では、「あれだけ美人なのに驕らないのも魅力的」「夫のDAIGOがただただ羨ましい」などと、祝福や称賛の声が飛び交った。

「約1万4千人の投票によって選ばれたという『なりたい顔』部門は、2位の新垣結衣に千票以上の差をつけ1位の栄冠に輝いた北川。3位にランクインした乃木坂46の白石麻衣は、同日発売の女性誌『MAQUIA』(集英社)のインタビュー中、“憧れの女性”として北川の名前を挙げていますし、『ヘア』部門でも2位の安室奈美恵に対して500票以上の差をつけているため、ネット上では、『この結果には誰も文句のつけようがないのでは?』『正真正銘、日本一の美女』などと絶賛する声が相次いでいるようです」(芸能関係者)

 また、今回の受賞については、10月に放送されたバラエティ特番『オールスター感謝祭』(TBS系)内でのひとコマが、絶好のアピールポイントになったのではないかと指摘する声も集まっている。

「北川は同番組で、有村架純、戸田恵梨香、安田顕とともに、リレー方式で繋いでの“4分間まばたきしない”という企画に挑戦。トップバッターを務めたのですが、結果的にたった1人でミッションクリアしてしまい、4分間ずっと顔のアップ映像が流れることに。これによって、『何て美しい顔をしてるんだ!』『顔のアップだけでこれだけ画面がもつ人は中々いない』などと、改めて美顔ぶりが評価されるカタチとなりました。これが話題となり、ネット上で拡散されたことによって、『なりたい顔』の受賞につながるアピールとなったのかもしれませんね」(同)

 今回のW受賞は、来月からスタートする主演ドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)のPRになったことだろう。同ドラマが高視聴率を記録し、美容雑誌の賞を受賞と、好調のサイクルが持続することになるか注目だ。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング