尻!尻!!尻!!!とんでもないおバカマンガが堂々の登場!

おたぽる / 2013年12月23日 16時0分

写真

 今、あるマンガが「週刊少年サンデー」を賑わせている。『名探偵コナン』ではない。『マギ』でもない。『銀の匙Silver Spoon』や『神のみぞ知るセカイ』(すべて小学館)でもない。はっきり言わせてもらおう、それらの作品とは次元が違う! ステージが違う!! 世界が違う!!!

 今「週刊少年サンデー」を最も賑わせているマンガ、その名は『競女!!!!!!!!』。連載されるや否や、ネット住民の間でも「サンデーが本気を出してきた」「久しぶりに燃える作品が出てきたな......」「なんか新しい世界の扉を開いた気がする」などなど、大きな反響を呼んでいるこの作品。舞台は日本だが、作品の世界では、競馬・競輪・競艇に並ぶ人気のギャンブルとして「競女」という女性が行う競技が存在しており、国民を熱狂の渦に巻き込んでいるという設定だ。主人公の神無のぞみは体操でオリンピックを目指せるほどの逸材ではあるのだが、その道には進まず、競女の選手となることを決める。というのも、のぞみの家庭は、トイレの水トラブルもガムテープで修理し、日々を卵かけご飯で食いつないでいるほどの貧乏家庭なのだ。それゆえに、競女で勝利した選手に支払われる賞金で億万長者になることを夢見て、その道に進もうというのである。しかし、のぞみは知らなかった。競女という競技がどんなものかを。そしてその過酷さを......。

 競女......それは、熾烈なる世界......。そう、女性は水上に浮かぶ「ランド」と呼ばれる舞台の上で、落とすか落とされるかを争うのだ。主に尻と胸を使って! はい、ここまで真面目に読んでいただいた方には大変申し訳ない。そうなのだ、薄々感づいておられたかとは思うが、『競女!!!!!!!!』はいわゆる"おバカマンガ"に分類される作品なのである。「週刊少年サンデー」のほかの人気作・話題作とは次元が違うという理由がわかっていただけたことだろう。

 ランドの上で、複数の女性がくんずほぐれつし、最後のひとりになるまで落とし合うのだが、手足の使用は禁止されているため、胸を押しつけたり、尻をぶち当てたりして戦う様が展開される。その絵はもうなんというか、ほぼ尻相撲、いや多人数でやっているので「おしくらまんじゅう」と言ったほうがいいか......とにかくその様は、見ているだけで「なんだかんだ言っても、日本って平和だなぁ」と思えるほどに、ばかばかしさに満ちあふれている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング